日本サッカーの未来地図

著者 : 宮本恒靖
  • KADOKAWA/角川学芸出版 (2014年4月19日発売)
3.76
  • (5)
  • (21)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :93
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046532992

作品紹介

34歳での現役引退。ピッチから離れて学んだこと、そしてサッカーに思い描く理想像とは-。

日本サッカーの未来地図の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • FIFAマスターで学んだことを宮本さんが書いている本。サッカーの歴史から、スポーツ経営や法律まで、いろんな角度からサッカーを学んだんだなという感じで、こちらも勉強になる。イタリアとドイツとイギリスのリーグや街、文化の違いなどが面白かった。
    読みやすく、二時間くらいで読めました。
    スタジアムを中心としたサッカーの盛り上げ方を提言したり、サッカー選手のセカンドキャリアなどについても触れたりしている。
    東京五輪やパラリンピックについても触れていて、モラリストという感じ。
    闇の宮本恒靖が見たい気もする。

    20161115

  •  タイトルは大きく出ているが、つまるところは元日本代表キャプテンである宮本恒靖氏による、FIFAマスターの受講の記録である。そこで学んだことをベースにした提言もあるが、どちらかといえば体験記と考えた方が正しいだろう。
     その内容は非常に興味深いものである。こざっぱりとまとめた文章は、恐らくはその実際の苦労からはかけ離れているくらいまとめられたものだろうが、それだけに要点だけ抜き取ってある感覚で非常に読みやすい。
     地味に、英国での受講の地がレスターであったりするところなどは、いま読んでも楽しいところだろう。ここで説明されているような(インド人移民が多く、有色人種が人口の半数を占めているのだとか)異文化が受け入れられやすい素地があったからこそ、日本人選手の獲得がされやすい環境だったのだなと改めて感心した次第である。

     タイトルを思うと、最後の提言部分はいま少し踏み込んだものであってほしかった。
     その分だけ星を引いて、星四つ半で評価している。本そのものは興味深く読ませていただいた。

  • 元プロ選手としては珍しいらしいFIFAマスターに挑んだ宮本の謂わば、留学記。

    サッカーを通じた歴史・経営・法律。経営企画のお仕事にも共通するテーマですが、日頃は冷静沈着なイメージがある彼が選んでいた『情熱(パッション)』が最重要なことを再認識させられました。

  • 出版されたのは今年の4月。その後、ブラジルW杯はGLで敗退、U16とU19はW杯出場を逃し、サッカー日本代表に関しては残念なニュースが続いた。

    でも、このタイミングに本書を読んだことで、ツネさんから元気をもらえた。

    読者を飽きさせない心配りがなされ、サッカーを通して視野が広がる良書だった。

    ボスニア・ヘルツェゴビナにスポーツアカデミーを作る取組は非常な困難を伴うだろうけれど、いつの日か実現してほしいと思う。

  • サッカーをやってる子はもちろん、
    第5章のサッカーを文化にしたい
    はスポーツに関わる仕事をしたい子に読ませたいな~

  • ツネ様のFIFA マスターコース修了までを振り返った作品。
    FIFA マスターって元サッカー選手が多いのかなーと思っていたらまったくもってそんなことないのね。
    指導者の資格とはまったく関係なく、ビジネス寄りの視点…
    うん、凄い面白そうだ、この資格。
    そんでもってツネ様には色んな視点から日本サッカーを良くしていってもらいたいよね。
    この人は監督…と言うよりJFA の会長職が似合いそうだな。

  • 「日本サッカーの未来地図」という題名なものの、中身はFIFAマスターの研修の日々や内容のこと、そして卒業してどのように生かしていきたいかということ。

    イギリスでフットボールの歴史を学び、イタリアで経営を学び、スイスで法律を学ぶ、受験から始まり、英語力をあげるところ、現地でのグループでのディスカッションやレポートの提出、よく頑張ってきたというのが正直な感想。と同時に、FIFAもいろいろな試みをやっているんだなあと思った。ちなみにFIFAマスターには選手上りは宮本氏一人だとは思わなかった。経営等に携わる人が多い印象だった。

    選手としても一流だったが、頭脳も明晰な方なので、これからは日本が行く方向性を示してほしいと思う。それが、真の意味での日本サッカーの未来地図を描くということになると思うので。本書はまだ、その基盤を作ったくらいしか触れていないように感じた。

  • FIFAマスターを卒業し、選手としても実績がある宮本選手の視線がとても印象的。この人にJFAのトップに立って欲しい。

  • 彼には将来の日本サッカー界を担って欲しいとも思うけど、日本の枠にとらわれず世界で活躍して欲しいとも思う。

  • 元ガンバ大阪の宮本さんが現役引退後に通ったFIFAマスターという学校での話。タイトル通り日本サッカーの将来は彼にかかってると言っても過言ではない。

全16件中 1 - 10件を表示

日本サッカーの未来地図のその他の作品

宮本恒靖の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
佐々木 圭一
宮下 奈都
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする