井沢元彦の激闘の日本史 南北朝動乱と戦国への道

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.38
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046533029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 理想主義者にしてエゴイストで立川流とかいうエロ宗教を信奉している複雑怪奇な後醍醐天皇が戦国時代の端緒となったという説は面白い。理屈に合わない行動も穢れ思想で確かに説明がつく。

  • 徳川300年安泰のシステムの1つに朱子学を武士の学問として採用した事を上げ、それが幕府の300年安泰を崩したという切り口で語っていく。朱子学は階級を重んじ、商売は人間のクズがやる仕事をした、だから開国し海外と貿易する事には反対し、現実を直視ぜずに海外の新しい知恵、技術を取り入れる事を拒否し続けた。それが幕府崩壊、維新につながったと説く。さらに現在の憲法9条改正問題にも、その共通点を示している点(平和念仏主義)が面白い。歴史のなぜを学校では教えてくれない考え方で切っていくところが興味深い。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1954年、名古屋市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、TBSに入社。報道局在職中の80年に、『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞を受賞。退社後、執筆活動に専念。独自の歴史観からテーマに斬り込む作品で多くのファンをつかむ。著書は『逆説の日本史』シリーズ(小学館)、『英傑の日本史』シリーズ、『井沢元彦の激闘の日本史』シリーズ(ともにKADOKAWA)など多数。

「2018年 『天皇の日本史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井沢元彦の激闘の日本史 南北朝動乱と戦国への道のその他の作品

井沢元彦の作品

ツイートする