フランス人の不思議な頭の中 (単行本)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.17
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046533081

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もっと軽い内容を想像していました。
    登場人物が、政治家とか頭のいい人が多くて、読んでいて疲れました。

    しかし…フランスでは、あのキュリー夫人まで不倫するというから
    驚きです。

  •  フランスと言うと、美食、芸術、ファッションが浮かんでくるがそれだけではない。国なので、政治、経済もある。なんといってもフランスは農業大国で、原子力発電、宇宙、TGVのような技術の面でも目立っている。


     そんなフランス人の頭の中はどうなっているのか。次の章から構成されている。


     1.フランス人は好戦的
     2.悪口を行ってはいけない三偉人
     3. エリートが牛耳る国
     4. 男も女もリべルタン(好色)!?
    5. 永遠の克服課題
     6.移民大国の悩み
     7.治安悪化と人権問題
     8.バカンスの功罪
     9.美食大国は一日にして成らず


     フランス人は、勝利に対する執念があると聞いて、そうなのかと思った。それは、オリンピックでフランス人選手がメダルを取ると喜ぶ、特にアメリカ人選手やイギリス人選手に勝つと喜びが倍増するようだ。


     著者も指摘しているが、あの「マルセイエーズ」という国歌は、フランス革命の時期に生まれた歌だけに好戦一色。こういうところからアドレナリンが分泌されて勝利への欲求が高まるのだろうかふと思った。


     好色と言えば、支持率が低く目立たない現職のフランソワ・オランド大統領。それでも世界で話題になったことがある。それは護衛官のスクーターに乗って、愛人の女優の所に密会した写真を週刊誌に取られてしまった。でもそこはフランス。アメリカや日本のように「清く正しくない」ので、有権者やマスコミから辞めろコールが沸き上がらない。きっとうらやましいと思った政治家の先生方がいるのは想像に難くない。


     アメリカに関するどちらかと言うとゴシップの情報を町山智浩が「言霊USA」という連載を週刊誌で連載していて、それをまとめた本が売られている。誰か、「言霊FR」と言う本を書いてくれると面白いなあと思った。もしどこかの出版社から出版されたら、フランスでも「アバンギャルドな人」がいて面白いことをしている人がいそうなので期待が持てる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

元産経新聞パリ支局長。慶應義塾大学文学部仏文科卒業後、フランス政府給費留学生として新聞中央研究所(CFJ)に学ぶ。産経新聞入社後、教養部、夕刊フジ、外信部次長、特集部編集委員を経て、1990(平成2)年5月よりパリ支局長。1994年にボーン・上田記念国際記者賞を受賞、2001年にフランス共和国より国家功労章シュヴァリエ、2013年にレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエをそれぞれ受章。

「2016年 『ココ・シャネルの真実』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フランス人の不思議な頭の中 (単行本)のその他の作品

山口昌子の作品

ツイートする