指揮官の流儀

  • KADOKAWA/角川学芸出版
4.18
  • (7)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046533364

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ベルマーレ、悲願のJ1残留決定!
    おめでとうございます。

    なんとなくベルマーレに数年関わってきたものとして、嬉しいし、本当に驚くべき、スゴイことだと思います。

    やっぱり監督が素晴らしいんだろうなあと思って、この本読んでみました。
    カテゴリーは「スポーツ」というより、「自己啓発」「心理」「人との関わり方」みたいな感じだと思います。
    参考にします。

  • キジェ監督は、ただ「指導者」として素晴らしいのではなくて「指導者であろうと思う気持ち」が素晴らしいのだと感じました。自信があるわけではない、でも常に考えて考えて、自分を信じてそのときの最善を尽くす。結果を求められる世界で目先のことに気持ちをブレさせないよう、信念を持って突き進んでいく姿が格好いいと思いました。

  •  2014年、J2から史上最速でJ1昇格を決めたのが、著者率いる湘南ベルマーレでした。
     彼らは「湘南スタイル」を合言葉に、短期間で驚異の成長を遂げました。
     本書は、選手の個性を最大限に発揮させ、「湘南スタイル」をチームに根付かせた指導論をまとめた一冊です。

     詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=5671

  • 湘南ベルマーレの監督が出された本。

    読了して感じたのは曺監督は監督、リーダーというより教育者ではないかということ。
    その範囲は選手だけでなくチームスタッフ、それにサポーターまで広がっているように思える。

    2015年シーズンどういう結果になるのだろう。楽しみでしかたがない。

全4件中 1 - 4件を表示

指揮官の流儀のその他の作品

チョウ・キジェの作品

ツイートする