銀次親分物語

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
5.00
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046533371

作品紹介・あらすじ

一匹の路上の猫が辿り着いた浅草の小さなカフェ。ヒトの輪の中でひたむきに生きたその猫は、いつしか「親分」と慕われ伝説の看板猫となった――。いしいしんじさん、坂本美雨さん推薦!猫愛あふれるフォトエッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 不思議な猫との出会い。大人猫でも幸せに愛されて暮らせるという事が分かった。

  • 2013年に他界した浅草のギャラリー・エフの雄ねこ、銀次の物語&写真集です。
    最初の銀次親分の状態を読んでいるうちに胸が痛くなりました。ひどい状態で捨てられてしまった(であろう)という事に…。FIV(猫のエイズと言われるそうです)にかかっていて腎臓も悪い中、著者のizumiさんに引き取ってもらえて最後は幸せだったんだろうなぁと思わずに言われなくなりました。
    他のねこの写真集とは趣が違うと思います。
    でも、どの子にもありうる可能性があるからこそこの本を見かけたら手に取ってほしいものです。

  • これは絶対号泣する!と
    しばらく手に取れなかった本。
    先日 この本の舞台となった浅草のギャラリーに
    おじゃましたのを機に 意を決して読みました。
    会う人会う人から「親分」と慕われ次々と人間の子分が
    増えていった 元野良で伝説の看板猫・銀次。
    生前におめもじしたかった!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

イラストレーター。ビーンズ文庫「六蓮国物語」 装画担当。2016年台湾角川社より「夏風~Izumi作品集~」出版。

「2017年 『氷竜王と六花の姫 雪ふる夜の祈り』 で使われていた紹介文から引用しています。」

銀次親分物語のその他の作品

Izumiの作品

ツイートする