ヘンな論文

  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.65
  • (23)
  • (74)
  • (53)
  • (6)
  • (5)
本棚登録 : 689
レビュー : 68
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046533418

作品紹介・あらすじ

珍論文ハンターのサンキュータツオが、人生の貴重な時間の多くを一見無駄な研究に費やしている研究者たちの大まじめな珍論文を、芸人の嗅覚で突っ込みながら解説する、知的エンターテインメント本!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 予想よりずっとおもしろくて良い本だった。「ものの役にたたん学部はつぶしてしまえ」などという暴論に怒ったり心を痛めている人(私です)にとっては、心から共感できる一冊。

    何が良いと言って、理系文系問わず研究者という存在への敬意と愛がこもっていることだ。著者は、ワセダに学部5年・修士3年・博士6年、しめて14年も在籍した「日本初の学者芸人」だそうな。専門は日本語学。うわあ、これってすごーくジミでオマケにやたら根気のいる学問分野だよね。でもまあ、たいていの「学問」はいたって地味なものだ。華々しい成果をあげて脚光を浴びるのはほんのひとつまみ(握るほどもない)の方で、それだって長年の地を這うような研究の末だもの。

    ここで取り上げられてるのは、一見「なんじゃそりゃ?」と思うような「ヘン」な研究の論文だ。そのトホホな感じをおもしろおかしく書いてあるのかと思ったら(そういう面ももちろんあるが)、なにゆえに彼ら彼女らは、そのちょっと(かなり)変わった研究に情熱を傾けているのかを結構真面目に考えていくのである。研究者というのはどういう人たちかということについてこう書かれている。

    「美しい夕景を見たとき、それを絵に描く人もいれば、文章に書く人もいるし、歌で感動を表現する人がいる。 しかし、そういう人たちのなかに、その景色の美しさの理由を知りたくて、色素を解析したり構図の配置を計算したり、空気と気温を計る人がいる。それが研究する、ということである」

    確かにねえ。考えてみれば、わたしたちが当たり前のように思っているいろんな知識も、誰かが調べたり考えたり、営々と積み重ねてきた努力の末に獲得されたものだ。そりゃあ「それがわかったからってどうなんだ?」というたぐいのこともあろうが、いいじゃないの、そのこと一つ分世界はわかりやすくなったんだから。(とは言うものの、本書の三本目「浮気男の頭の中」論文名「婚外恋愛継続時における男性の恋愛関係安定化意味付け作業」は心の底からどうでもいいと思ったが)

    十三本の論文が登場するが、何と言っても圧巻は最後の「湯たんぽ」研究でしょう。執筆者の伊藤先生がもう本当にいい味わいなのだ。家政学の先生なのだが、工業デザイナーとしても一流で、国際浮世絵学会の理事まで務めているという方が、研究者としてのキャリアの最後にうちこんだのが「湯たんぽ」。いいなあ。湯たんぽってこれまで誰も注目してこなくて(そうだろうなとは思う)すごく謎が多いらしい。誰も大して感心しないのに、そんなこと気にもせず、先生は飽くなき探究心で湯たんぽを追い求める。学問ってこういうことだよね。

    「珍論文には、役得がないかわりに、純度の高い情熱が詰まっている」とあるが、本当にそうだと思う。研究の世界に身を置いていた著者ならではの視点が新鮮だった。論文紹介の合間にコラムが四本挟み込まれているのだが、これが一般人には縁遠い研究者の世界を簡単に紹介するものとなっていて、とてもわかりやすいのも良いところだ。たくさんの人に読まれるといいなあと思う。


    ・一本目の論文の研究対象は「河原町のジュリー」。70年代に京都で有名だった今で言うホームレスのおじさんのことだが、私は学生のとき実際に見たことがある。次の日バイト先で「ジュリーを見た」と言ったら、「きっといいことあるよ!」って言われた。実は京大出で金持ちっていう噂も確かにあったなあ。でも断じて言うが、絶対にジュリーには似てなかったから!
    ・一番「その気持ち、わかるなあ」と思った論文は、六本目「男子生徒の出現で女子高生の外見はどう変わったか - 母校・県立女子校の共学化を目の当たりにして」。「目の当たり」という表現に「チクショー」という気持ちがうかがえるような。
    ・「本の雑誌」7月号に著者のサンキュータツオさんが寄稿している。これもおもしろい。

  • 珍論文を集めることが趣味…というサンキュータツオさんが選りすぐった、珠玉の論文コレクションです。
    時々、仕事中につい二度見をしてしまう論文があったりしますが、なかなかじっくり読む機会を作れずにいたので、うはうはしながら本書を読みました。

    研究者たちが思い切り楽しみながら研究したんだろうな、という様子が行間から伝わってきます。
    堅苦しい論文そのままではなく、著者が茶々を入れつつ、わかりやすく読み下してくれているので親しみやすいということも本書のポイント。
    なによりタツオさんご自身の珍論文にかける情熱がすごい!

    個人的に一番楽しく読んだのは、公園の斜面に座るカップルの観察についての論文。
    これを学術的に表現すると、「傾斜面に着座するカップル」となるそうだ…じわじわおもしろい。
    そのほか、猫カフェ、湯たんぽ、浮気男の頭の中の検証…などなど、思わず身を乗り出してしまう楽しげな空気を醸し出す論文たちに、学術論文の幅の広さを実感させられたのでした。

  • いとをかし。書籍版「タモリ俱楽部」のようでした。北尾トロ氏に通じるものがあります。特に「カップルの観察」「あくび」「湯たんぽ」は興をそそられました。唯一ハッとしたのが、「コーヒーカップの音」でした。まさに論理的・科学的な思考を体得するための教科書のようで目から鱗の内容でした。続編もあるようなので読んでみたいと思います。

  • 世の中の様々な研究の結果として書かれる論文の中で、一風変わったものを紹介している本。

    自分は学生時代に数学を専攻していたので、数学の論文しか読んだことがなかった。
    そのため、それ以外の分野の論文、特に人文系の論文は読んだことがない。

    文中では、各大学の紀要にはいろいろな研究成果の論文があると書いているが、在学していた大学の紀要を読んだ記憶がない。

    この本では、13本の論文が説明されている。
    あえて文系/理系で分類すれば、文系10本/理系3本となる。

    「文系の論文」には、アンケートなどを材料に研究対象を深く考えるというイメージがあった。
    この本では、アンケートを利用して考える深さが予想以上に深いことがよくわかった。
    具体的には、次の内容が印象的である。
    ・六本目:女子高生と「男女の目」
    ・九本目:「元近鉄ファン」の生態を探れ
    ・十本目:現役「床山」アンケート。

    「理系の論文」もただ単に実験しているというよりも、「研究対象としてなぜそれを選んだ?」と思うものがあった・
    具体的には、次の2本。
    ・五本目:「コーヒーカップ」の音の科学
    ・十二本目:「おっぱいの揺れ」とブラのずれ

    この本について、第一印象の「どんなことでも研究対象になるんだ」というのは最後まで変わらなかった。

    すでに出ている続編も楽しみだ。

  • 面白い。
    こういう論文があるのか、と新鮮に驚いた。不倫の話が特に良かった。
    後書きの湯たんぽ探偵に関して悲しくなるばかり。今の時代、無断引用無断使用は気付かれやすいのになと。

  • 分野が結構いろいろなのが大したもの。趣味としてはお金かからなさそうだが、芸人さんの紹介能力というか話芸文章芸が素晴らしい。最後の湯たんぽ研究の話はいろいろと身につまされるというか、せつない。

  • 2018年7月8日に紹介されました!

  • ヘンなタイトルに変わった著者名。
    学者で芸人をしている人だそう。経歴も変わっています。

    変わった論文を読むのが好きという著者。はたから見れば無駄にみえることを、一生懸命研究している研究者の論文が紹介されます。
    書いた本人は大まじめながら、普通に見ると珍論文でしかないというもの。えてして研究は、なかなか周りに理解されないものではありますが、それにしてもこんなの研究している人がいるんだ…と引いてしまうような内容のものが目白押しです。

    芸人の面を見せて冴えた突っ込みをする著者が、学者の面を見せて解説するというところがおもしろく、人の論文紹介ではありますが、この著者だからこうした本にまとめられたのだろうと納得できます。

    採り上げられた論文は、おっぱいの揺れや、不倫男の頭の中、古今東西の湯たんぽ、猫カフェの効果など。
    しょうもないことのように思えますが、たしかに内容が気になって読んでみたくなるものばかり。

    「女子高よりも共学化後の方が女子は髪が長い」というのも、分析に裏打ちされた事実のようです。

    横浜の「ヨコハマメリー」なら知っていますが、京都には1970年代にカリスマホームレス「河原町のジュリー」がいたということは知りませんでした。

    さまざまな珍論文を取り上げては笑いのネタにしているようでありながら、こうした社会的には無価値のように思えるものに、人はどれだけ真剣に取り組めるか、その純粋な情熱を礼賛している本。

    刻々と変わりゆくビジネスや経済の世界とは全く無縁のニッチなテーマに必死に取り組んでいる人々を知ると、「効率性重視の世の中でも、気にせずやりたいことをやってこそ、人は幸せになるんだなあ」と思えてきて、なんだか元気が出てきます。

  • *図書館の所蔵状況はこちらをコピペしてね
    http://opac2017.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/BB50109926

  • ・卒論の申請書出す前に読みたかったかも
    ・四本目の「あくび」はなぜうつる?を読み始めて4ページ目でなぜかあくびが
    ・ねづっちが出てきた(笑)

全68件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1976年東京生まれ。芸人。オフィス北野所属。お笑いコンビ「米粒写経」として活躍する一方、一橋大学非常勤講師もつとめる。早稲田大学第一文学部卒業後、早稲田大学大学院文学研究科日本語日本文化専攻博士後期課程修了。文学修士。ラジオ出演や雑誌連載など多数。

「2017年 『ヘンな論文』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヘンな論文のその他の作品

ヘンな論文 (角川文庫) Kindle版 ヘンな論文 (角川文庫) サンキュータツオ
ヘンな論文 (角川文庫) 文庫 ヘンな論文 (角川文庫) サンキュータツオ

サンキュータツオの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンジェラ・アッ...
三浦 しをん
吉田 豪
川村 元気
米澤 穂信
エラ・フランシス...
村田 沙耶香
みうら じゅん
有効な右矢印 無効な右矢印

ヘンな論文を本棚に登録しているひと

ツイートする