ジル・ドゥルーズの「アベセデール」 (<DVD>)

  • KADOKAWA/角川学芸出版
4.67
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046533449

作品紹介・あらすじ

待望の日本語字幕版が完成! ドゥルーズの晩年をとらえた貴重なインタビュー。字幕翻訳チームには國分功一郎氏、千葉雅也氏などのメンバーを迎え、解説ブックには内容解説のほかに両氏の対談も収録した豪華保存版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人がほんとうに何かを考えているとき、考えざるをえないとき、その主題はいつもものすごく具体的だ。哲学が抽象的だというのは嘘だ。いつの時代も偉大な哲学は具体的だった。だから自分自身の生を生きなければそもそも、プラトンもスピノザもライプニッツもベルクソンもニーチェも理解することはできない。それを身をもって実践してみせたのがドゥルーズだったのかもしれない。破天荒な著作を残しながら、もっとも哲学史に敬意を払っていた哲学者のひとり。

  • ドゥルーズが、哲学にまつわるA〜Zから始まる単語について、インタビュー形式で答える映像。著書にまつわる解説だけでなく、生き方を含めたスタイルが明快に話されていて非常におもしろい。453分なので倍速で見るくらいがちょうど良いかもしれない。それでも興味深くてあっという間。ジル・ドゥルーズがどのような人物だったかがよく分かるし、著書を読む上でもより一貫性を感じられる。付録の國分功一郎氏の解説で、インタビュー内で出た学者・作家・映画監督などについて註釈されているので、詳しく調べるのに役立つ。

  • 哲学者ドゥルーズのインタビュー。語りと感覚のライブ感はテキストとまた違った仕方で印象を与えてくれる。テキストだけより人柄の垣間見えるこういう映像もあることで、理解の助けになると思う。いろんな話をしてくれて面白かった。インタビュワーとの「ディアローグ」も読もうと思う。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1925-95年。フランスの哲学者。1970年よりパリ第8大学教授。60年代以降の言語論的な転回、ポスト構造主義の思想的文脈のなかで思索を重ね、主著『差異と反復』(1968年)などを世に問う。また、ガタリとの共著『アンチ・オイディプス』(1972年)、『千のプラトー』(1980年)は、精神分析やマルクス主義の概念を援用した資本主義社会論として、大きな影響を与えた。

「2018年 『基礎づけるとは何か』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジル・ドゥルーズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジル ドゥルーズ
ウィトゲンシュタ...
國分 功一郎
ミシェル・フーコ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ジル・ドゥルーズの「アベセデール」 (<DVD>)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×