原発と日本人 自分を売らない思想 (角川oneテーマ21)

  • 角川学芸出版
3.53
  • (2)
  • (5)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 77
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046534187

作品紹介・あらすじ

原発という国家・企業の犯罪。それを容認してきた日本人。福島第一原発事故を経てなお、原発再稼働への道を歩みつつある今、国民一人ひとりの判断が問われている-。戦争や公害、原発建設に直面し、巨大な権力と闘った知識人や科学者、市民の力強い足跡をたどり、「いのちを売らない思想」を探る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この本のなかで紹介されていたこの文章を読んで・・・深く考えさせられました。
    なんだか今の原発との関わり方も同じ感じがする。

    戦争責任者の問題」伊丹万作(映画春秋創刊号・昭和21年8月)より抜粋
    だまされたものの罪は、ただ単にだまされたという事実そのものの中にあるのではなく、あんなにも造作なくだまされるほど批判力を失い、思考力を失い、信念を失い、家畜的な盲従に自己の一切をゆだねるようになってしまっていた国民全体の文化的無気力、無自覚、無反省、無責任などが悪の本体なのである。
    このことは、過去の日本が、外国の力なしには封建制度も鎖国制度も独力で打破することができなかった事実、個人の基本的人権さえも自力でつかみ得なかった事実と全くその本質を等しくするものである。そして、このことはまた、同時にあのような専横と圧制を支配者にゆるした国民の奴隷根性と密接につながるものである。

    自分を売らない思想…今読んでみる価値あります。

  • 力作。
    原発について、真実を我々は知らされていないのかもしれない。
    説得力がある。

  • 根底には,自分の頭で考え判断し,そして行動する,という当たり前の行為を放棄する大衆が如何に多いか,悩ましい問題が通底する.英国元首相サッチャー氏が亡くなった際に賛否両論だったように,"正義を行えば世界の半分を敵に回す"のだ.

  • 女川原発の電源を供給している場所がひとつだけたまたま高いところにあって、残ったために原発がメルトダウンしなかったという話は、この本で初めて知ることができた。マスコミで説明されないことがどんどん出てくる。

  • 文中に何度も登場する田中正造に興味がわく。第三章で佐高信氏が伊丹万作「戦争責任者の問題」を引き「騙されること自体が悪なんだ」と言った事が意外だった。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

元京都大学原子炉実験所助教。工学修士。
第2次世界大戦が終わった4年後の1949(昭和24)年8月、東京の下町・台東区上野で生まれる。中学生のとき地質学に興味をもち、高校3年までの6年間、ひたすら山や野原で岩石採集に没頭する。68年、未来のエネルギーを担うと信じた原子力の平和利用を夢見て東北大学工学部原子核工学科に入学。しかし原子力について専門的に学べば学ぶほど、原子力発電に潜む破滅的危険性こそが人間にとっての脅威であることに気づき、70年に考え方を180度転換。それから40年以上にわたり、原発をなくすための研究と運動を続ける。2015年3月に京都大学を定年退職。現在は長野県松本市に暮らす。著書に『隠される原子力・核の真実─原子力の専門家が原発に反対するわけ』(2011年11月/創史社)、『原発のウソ』(2012年12月/扶桑社新書)、『100年後の人々へ』(2014年2月/集英社新書)ほか多数。

「2019年 『フクシマ事故と東京オリンピック【7ヵ国語対応】 The disaster in Fukushima and the 2020 Tokyo Olympics』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小出裕章の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
佐々木 圭一
赤坂 真理
アンデシュ・ハン...
冲方 丁
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×