君のとなりに

著者 : 谷郁雄
制作 : 谷 今日子 
  • 角川学芸出版 (2010年9月1日発売)
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 20人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (129ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046537201

作品紹介

31篇の「詩」と約30カットの「写真」が見事に響き合う谷郁雄の最新詩集。

君のとなりにの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東北関東大震災の2日前に購入した詩集『君のとなりに』。

    本屋で立ち読みし、衝動買いしてしまいました。
    全ての文字が水色の詩集。立ち読みの時、たくさんの余白の中に綴られている水色の文字を見つめているだけで幸せな気持ちになりました。
    初めて購入した詩集。

    衝動買いしたものの、帰りの電車で数ページを読み、そのまま爆睡。週末に読もうと思いつつ、震災で読む余裕がなく、週明けに読みました。ゆっくりと。

    震災の影響で不安に満ちていた自分の気持ちを晴れやかにしてくれた一冊です。

    見上げれば「空」がある。
    横には「家族」「恋人」「友人」がいる。
    自分には「夢」がある。
    周りには、名前は知らないけど、「お互いに支えあっている人」がいる。

    日常には幸せがたくさん溢れている、もちろん、幸せでないこともあるけど、日常は多くの感情で満ち溢れていることを気づかせてくれる一冊でした。

    震災で非日常な日々が続き、そんな今だからこそ、さらに「日常」のすばらしさを感じます。


    <この本の帯より>
    夜、毛布にくるまって、ひとり声を出して読んでいると、
    ぎゅっとハグされているような気持ちになる。少し泣いて、
    温かくなって、ぐっすり眠れるような気がする。
    華 恵 「ダ・ヴィンチ」2010年2月号より

  • 谷さんの詩集は
    ふわっと そっと しっかりと
    抱きしめてくれる言葉でつづられています。

    頁を開けばいつも助けてもらえる
    お母さんみたいな詩集です。

  • この本は、文字が少なく写真が多い本で、読むのに苦痛な感じがありません。特に本が白と青で構成されていてとても温かな印象を受けます。

    少し疲れた時、うまくいかない時、失恋した時、
    ここぞという時、いつ見ても助けてくれると思います。

    生活に身近な視点で書かれているので共感できるところもたくさんあります!!

    (長崎大学 学部生)

全3件中 1 - 3件を表示

谷郁雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

君のとなりにはこんな本です

ツイートする