人生を好転させるたった2つのこと 「自分には何もない」と思った時に読む本 (角川フォレスタ)

著者 : 吉江勝
  • 角川学芸出版 (2012年6月30日発売)
3.00
  • (2)
  • (5)
  • (9)
  • (5)
  • (2)
  • 本棚登録 :63
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046537850

人生を好転させるたった2つのこと 「自分には何もない」と思った時に読む本 (角川フォレスタ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • わかっていますが、難しいです。

  • ビジネスコンサルタントの著者。自己実現のための指南書。

  • 潜在意識の活用。自分の主演映画を撮る。
    自分自身がブランド人になれ。
    どんな悪い状況でも解決策はある。逃げていても解決しない。
    仕事が辛くても、病と闘う子供に比べれば、たいしたことはない。
    出版でブランディングする。企画書を出版社に持ち込む。

    自分の好きなこと、情熱の湧くことを見つける。そのことに役割を見出してすべてをかける。

    自分史創り=自分の歴史で比較的うまくやったことを思い出し、そのすべてを書き出す。
    過去に褒められたことは?喜ばれたことは?
    モーニングページ(モニペ)の習慣。

    一番大事なことは、完璧なショット、完璧なレース、完璧な営業結果、をイメージすること。それを他人と一緒に喜んでいる場面を想像する。達成後の余韻を念入りにイメージする。

    利他の精神があなたを変える
    女優は、演技をして感情をつける。悲しい表情を作ると感情が同調して涙がでる。
    逆に、笑顔、前向きな言葉、幸せな表情をすれば、幸せで目標が叶う。
    良い言葉、を先に言って潜在意識をだます。

    トラブルは、サムシンググレートからの確認。本気かどうか、を試している。

  • 1日1冊

  • http://kashiwabaray.com/blog/index.php?itemid=248
    どんな時でも逃げずに、正面から立ち向かうことの大切さを教えてくれる1冊です。

  • 2つの事とは、
    自分の好きで情熱の湧くことをみつけること。
    そして、
    そのことに使命や役割を見出して持てる力のすべてをかけて表現すること。

    参考になる事例もあるが、著者以外の事例はあまり私には説得力にかけるというか、参考にならなかった。

  • バシャール本と似たような事が書いてある啓発本。好きな事を探すツールが何本か紹介されており、それもバシャールっぽいなと感じたくらい取っ掛かりやすい。バシャール本を知識本だとすると、この本はそれの実践本という印象。早速、やってみるべし! PCへ

  • よくある内容で、ある意味、自己啓発本。
    いいたい事はわかるけど、そのとおりは出来ないのが人間だと思います。

  • 中身がない

  • 「自分の好きで情熱の湧くことを見つけること」
    「そのことに使命や役割を見出して持てる力のすべてをかけて表現すること」

    言葉にすると簡単だけど難しい

全17件中 1 - 10件を表示

人生を好転させるたった2つのこと 「自分には何もない」と思った時に読む本 (角川フォレスタ)のその他の作品

吉江勝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

人生を好転させるたった2つのこと 「自分には何もない」と思った時に読む本 (角川フォレスタ)はこんな本です

ツイートする