営業の魔法 勇気の言葉 (角川フォレスタ)

著者 :
  • 角川学芸出版
4.26
  • (10)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046537928

作品紹介・あらすじ

高校を卒業したばかりの青年が飛び込んだのは、フルコミッションの営業会社。この青年の成長していく過程を、彼を導く大人たちの人生と交差させ、「営業」という生き方を貫いていくのに忘れてはならないことを豊かな筆致で描く、営業サクセスストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・営業とは、商品を利用してくださった人が喜び、そして幸せになっていただくことが第一の使命。
    ・営業は自分がイメージしている以上のことは決してできません。
    ・営業は、イエスの数よりノーの数が誰だって圧倒的に多いもの。
    ・掛けた恩は水に流し、受けた恩は石に刻む。
    ・少しだけ損をして生きてみる。・・・私たちは無意識で「ちょっとだけ得をしたい」と考えています。今日だけは、自分の時間を、少しだけ人のために使ってみてください。
    ・キク、ミル、ヤルの三原則。・・・聞いたことは忘れます。見たことはわかります。やったことは身に付きます。営業はやり続けることです。
    ・自分を分かってもらうまえに、相手のことを分かってあげよう。・・・自分、自分、自分、といつも自分のことばかり考えていたら、いつのまにか一人ぼっちになっていました。あなた、あなた、あなた、と相手のことばかり考えていたら、いつの間にか多くの仲間に囲まれていました。

  • チェック項目14箇所。「いい思い出になるように行動しなさい。どんなことも、すべては必ず思い出に変わるのだからね。辛いことも、楽しいことも、全部思い出に変わるのだから」。「お客さまってね、お金を払ったものに不満がある時は声に出して文句も言ってくださる。だけどね、無料とかサービスとかには、不満を言ってはくれないんだ」、「無料だから……サービスだから、となおざりなことをするくらいなら、しない方がいい。するならとことんきちんとやれ」。「我慢するんだよ。我慢して、我慢して、生きるしかないんだ。無人島で暮らさない限り、必ず人と関わっていく。いちいち腹を立てても仕方ない。心は丸く、気は長く、腹を立てずに、己小さく、人大きく。相手を立てて生きりゃいいのさ」。「働くってことにはステージがあるのさ。最初はみんな喰うため……。だけど次に、それだけでは満足できない自分と出会う。働くことで身につく能力、その能力を生かしたいと考えるようになるのさ」。東アジアにおいて(日本人以外は誰も立ち上がらなかったんだけど)白人たちが仕掛けた、地球規模の植民地政策に唯一反旗をひるがえした、日本人の誇りを懸けた戦いだったんだ。顧客は選ぶという自由を持っている、選ぶためには選択肢があるということだ、私たちはモノを売るのではなく、私たちの商品を、ひとりでも多くの見込み客に知ってもらうことが仕事なんだ、そして、最も大切なことがひとつある、それは、良い商品が売れるのではなく、善い人が紹介する商品のみが売れるのが世の常だということ。「世の中にはテストが得意なヤツっているもんで、テストの点数がいいのはテストが上手なんだよ。運動が上手なのと一緒さ。つまり、学歴と頭のいい悪いは無関係さ」。「職業は変えられるが生き方は変えられない。お前は営業という仕事を選んだのか? それとも営業という生き方を選んだのか?」。「笑顔を制する者が営業を制する。この簡単なことを忘れないことだ」、日本の学校では笑顔の重要性を教える先生はいない、もちろん教える以前に、先生自身が笑顔などつくれない。「営業にはツキや運もいらない。ただ、確固たる自信を持つのみでいい。そもそもツキや運は自身のない者には味方しない、お客さまの前でいえない失礼な言葉を他所で平気でいう者に営業の神さまは絶対に微笑まない」。「やらないメンバーに共通していることは、どうやったら上手くいくかと考えるのではなく、どうしたらやらないで済むのかって考えるのさ」。朝のこない夜はない……夜が明けたから陽が昇るのではなく、陽が昇るから夜が明けるのです、明日も間違いなく陽はまた昇ります、明日という日を味方にするのです、それは明日を信じる勇気があればそれだけでいいのです。

  • 【いい話】
    小説仕立てになっており、その中に様々な教えがあります。
    よく小説のストーリーがお粗末で、小説にする方がわかりづらいビジネス書がある中で、この本はストーリーがしっかりとして、しかも小説として感動できます。

    すばらしい!ぜひ読んでみてください。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1966(昭和41)年2月生れ株式会社アイスブレイク 代表取締役ラジオパーソナリティー新卒で外資系出版会社ブリタニカに入社。入社前研修中に初契約をいただくという世界初の記録を樹立し、その夏のコンテストにて世界最年少で3位入賞。翌年、世界最年少マネジャーに昇進。4年間の在職中、すべてのコンテストに入賞。現在は企業家、講演家、ラジオ話芸人、執筆家として活動。営業プロデュース実績先はパソナキャリア、アクサ生命、ソニー生命、住友生命、エネサンスグループ、郵便局グループなど多数。また、全国で活躍する各業界、各業種の営業人たちを組織した勉強会「永業塾」を全国9ケ所(札幌、仙台、福島、東京、名古屋、大阪、福岡、熊本、宮崎)にて開催。公式ホームページ  http://poji-poji.com/

「2016年 『エイチエス やり方と在り方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

営業の魔法 勇気の言葉 (角川フォレスタ)のその他の作品

中村信仁の作品

営業の魔法 勇気の言葉 (角川フォレスタ)を本棚に登録しているひと

ツイートする