マンガの脚本概論

著者 :
  • 角川学芸出版
3.46
  • (2)
  • (4)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046538017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 京都精華大学における、マンガのお話の創り方についての事が書かれてあり、学生のマンガを講評するというかたちで、どういう形で書いたらストーリーがうまくいくのかが書かれてあります。学生に向けて書かれているのでとてもわかりやすいです。

  • 桂先生の騒音表現とかよしなが先生の長台詞とか普通に流し読んでたところの解説に唸らされてしまった。

  • 見本として出てる著者の作品があんまり魅力がない気がする。いろいろ詰め込みすぎて見づらいし内容も取りづらい。学生がかいた漫画の批評もあって参考になる。ただ、著者の頭の中にある「漫画」というのが、最近の漫画に比べて少し古いと思った(漫画記号の使い方など)。脚本概論と銘打っているが、どのように情報を漫画に詰め込むかという技術的な話がメインで、プロットの作り方、話の練り方は踏み込まれていない。この本もおもしろいけど、竹宮惠子のマンガ教室の方がいいかな。

全3件中 1 - 3件を表示

竹宮惠子の作品

ツイートする