「気がきく人」と思わせる103の心理誘導テクニック (角川フォレスタ)

著者 :
  • 角川学芸出版
3.10
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046539168

作品紹介・あらすじ

”気がきく人”は仕事場では「デキる人」、プライベートでは好感度UPで「モテる人」にと、どんな時でもみんなの心を掴んで離しません。そんな”気がきく人”が日常で行っている、さり気ない心理テクニックを大紹介

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Win-winのコミュニケーションの心がけるための必読書。タイトルからビジネスライクで、上から目線な印象を抱いたが、全くそのような内容ではない。心理学の知恵を日常生活に応用する具体例が満載。気が利くとは唐揚げにレモン汁をかけるかどうかを確認することだけではなく、敬語等の言葉の細部に気をつけたり、朝早く出勤するなどコミュニケーション以外の習慣等も含まれているという気づきは大きかった。その蓄積が気がきくという印象として他者に伝わって行くのだと思う。気が利くとは教養豊かで、謙虚で、アサーティブ。
    ただあくまでもここに書かれているのはテクニック。テクニックを使う人の人間性などにもよるであろうし、このテクニックを用いることで全てが変わることはないと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

神岡真司(かみおか しんじ)
ビジネス心理研究家。
日本心理パワー研究所主催。
最新の心理学理論をベースにした法人対象のモチベーションセミナー、コミュニケーショントレーニング、
人材開発コンサルティングなどで活躍中。
世の中の「裏側」研究をライフワークとしている。
主な著書に『ヤバい心理学』(日本文芸社)、『10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート』(永岡書店)、
『面白いほど雑談が弾む 101の会話テクニック』(フォレスト出版)、などがある。

「2018年 『仕事が思い通りになる!ほめ方心理術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「気がきく人」と思わせる103の心理誘導テクニック (角川フォレスタ)のその他の作品

神岡真司の作品

ツイートする