産後クライシス なぜ、出産後に夫婦の危機が訪れるのか (角川フォレスタ)

著者 :
  • 角川学芸出版
2.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (5)
本棚登録 : 41
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046539335

作品紹介・あらすじ

「産後クライシス」とは、産後における育児や家事をめぐる夫婦および家族間の崩壊の危機の総称。この危機やすれ違いはなぜ起こるのか、またどうやったら乗り越えられるのかを、夫婦問題の研究家である著者が解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 産後クライシスに陥った人々の例が沢山載っている。話さなくても察して欲しい、は通用しない。やはりコミュニケーションがとても大切。

  • 結局、コミュニケーションをいかに取り合うのかっていう点に尽きるのだなという気持ち。どれだけ「言葉」にして伝えられるか。察してくれないは悪だなと再認識。

  • 2014.3月 市立図書館

  • 興味本位に読みましたが内容が薄い。女子大生の卒論のよう。目前にある悩みをカテゴライズ化し、時代背景に照らし合わせ、さも分析したかのように見せかける。何が解決するのでしょう。著者の肩書きが、夫婦問題研究家というのもまたすごい。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

夫婦問題研究家、離婚カウンセラー。78年立命館大学、09年立教大学大学院研究科卒(MBA取得)。出産後、36歳で慰謝料ゼロで離婚。91年に結婚・離婚・再婚相談事業を開始。26年間で30,000件以上の夫婦問題の相談に携わる。

「2016年 『最新 離婚の準備・手続き・進め方のすべて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

産後クライシス なぜ、出産後に夫婦の危機が訪れるのか (角川フォレスタ)のその他の作品

岡野あつこの作品

ツイートする