「世界標準」のお金の教養講座 (角川フォレスタ)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.25
  • (2)
  • (9)
  • (13)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 99
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046539717

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵が可愛く、きれいで、とても読みやすい。

    内容も初歩的なことから書かれており、
    最初の一冊にはベストなのではないだろうか。
    中高生にも読みやすいと思う。

  • ・信用を作るのは過去しかない。過去を作るということないまの積み重ねでしかない。あなたがなぜ勉強するなかといえばその本質は「信用を築くため」。

    ・お金だけでは幸せになれないが、お金の教養が高い人は、全体的なバランスが高く、仕事でもプライベートでも豊かな生活を送ることができ、幸せになれる。

  • 生活に欠かせない「お金」について考えることで、「信用」、「モノの価値」、「両面思考」など、人格形成上重要である要素に焦点を当てていく。非常に読みやすい。経済についてというよりは、「お金」をめぐる教養、といったところ。かなり普遍的なレベルで分かりやすく書かれているため、もう少し突っ込んでもよかった。

  • 泉さん2作目。内容は至極もっともですが、前に読んだ内容とかなり重複している点が残念。

  • マネーにかんする色んな本を読んできたけど、それを上手に分かりやすく、スッキリとまとめた本。
    意外とこういう風に簡潔に分かりやすく書いてある本ってないんじゃないかな?
    娘が大きくなったら(まだ赤ちゃん。笑)、読ませたいなぁ。
    で、勉強しろよと、思考が出来れば世の中はこんなに面白いんだよと言ってあげたい。

  • お金(+金利)の果たす役割をわかりやすく説明している。中学生くらいの啓蒙書に良いのでは?

  • シンプルな内容。金融の本で両面思考を説く点がよい。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

泉 正人(イズミ マサト)
ファイナンシャルアカデミーグループ代表
ファイナンシャルアカデミーグループ代表。一般社団法人金融学習協会理事長。
日本初の商標登録サイトを立ち上げた後、自らの経験から金融経済教育の必要性を感じ、2002年にファイナンシャルアカデミーを創立、代表に就任。身近な生活のお金から、会計、経済、資産運用に至るまで、独自の体系的なカリキュラムを構築。東京・大阪・ニューヨークの3つの学校運営を行い、「お金の教養」を伝えることを通じ、より多くの人に真に豊かでゆとりのある人生を送ってもらうための金融経済教育の定着をめざしている。『お金の教養』(大和書房)、『仕組み仕事術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など、著書は30冊累計130万部を超え、韓国、台湾、中国で翻訳版も発売されている。

「2016年 『お金原論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「世界標準」のお金の教養講座 (角川フォレスタ)のその他の作品

泉正人の作品

「世界標準」のお金の教養講座 (角川フォレスタ)を本棚に登録しているひと

ツイートする