明治従属タングステン 上 (フルールコミックス)

  • KADOKAWA
3.80
  • (3)
  • (10)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 110
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046805928

作品紹介・あらすじ

――明治末期。日露戦争後の日本は、電力需要が増加していた。
ヨーロッパで学んだ技師の佐伯亮二は、地方の水力発電所の計画技師として参画し、忙しい毎日を送っていた。
若く美しい技術者というだけでも目立つ存在だった佐伯だが、常に傍らに置いている異国の大男・エドワードの存在が、一層人々の耳目を集めていた。
エドワードとの出会いは2年前。“言葉も話せぬ阿呆の人夫”として働いているエドを見つけ、世話してやったのが始まりだった。
エドは従順な僕として佐伯を敬愛するように。そして、佐伯の胸の内に、ある男がいるのを察しながら、ついには肉体関係を結んでしまい――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 発売を楽しみに待っていた本です。
    まずはとにかくこの色気たっぷりの表紙に一目惚れ。
    異国の発電技師助手×水力発電所技師のお話しで、まだ電気が珍しかった頃の時代ものであり主従ものです。

    攻は拾われ忠犬ワンコです。
    言葉も分からず、土地に馴染めずにいた攻を、受だけが気にして家に招き入れ世話をします。
    そりゃ懐いちゃうよね!って話で、そこから攻は受の忠実な補佐として側で暮らすようになります。

    一方の受には苦しい過去があり、そのときの男に心を囚われたまま、再びその男と仕事で接することになります。受と男の間に何かの因縁を感じて不安になる攻。やがてその不安は暴走し…。

    電気が珍しい時代なので、ほのかに空間を照らすランプの灯りが、いい演出アイテムになってます。
    そこに畳と布団と着物ですよ!!!
    艶っぽいというか、淫靡というか、和の色事って感じですね。

全2件中 1 - 2件を表示

たつもとみおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×