ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編5 (MF文庫J)

著者 :
  • KADOKAWA
4.57
  • (33)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 270
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046808462

作品紹介・あらすじ

大人気学園黙示録が2年生編に突入! 高度育成高校での2学期が始まる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いゃ〜面白かった。
    体育祭と文化祭の間の特別試験。
    それぞれのクラスがトラップや現状への警鐘からの心理戦を展開する。櫛田ちゃんが今までの策略好きから考えるとちょっと直情的だったが成長した堀北とさらに冷酷に徹する綾小路がカッコいい。

  • これまでで最も衝撃的な結末で、読み終わった後はそうなってほしくなかったと納得できない悲しい気持ちになりました。

    それでも面白かったので一気に読み終わりました!そしてこれだけ大きく揺らいだDクラスが今後どうなっていくのか、続きが早く読みたくて仕方ありません。

    これぞ「実力至上主義」。

  • 賛否両論あるけど今回の締めは良い意味で酷く次回の話が気になる

  • ハッピーとは言えない平凡な結末の割には長い話だった。綾小路の判断はこじつけに近いものだった上、その結果も合理的とは程遠い。後日譚があればまだ救われるかもしれないが、それぞれの内情をうまく描けていないように感じた。複雑になってきたストーリーを整理できたと思って、次回以降に期待します。

  • 満場一致試験がここまで残酷なものだとは。クリアしたとはいえ、大きな爪痕が残ったし、綾小路のクラスは今後も一致団結できるのかな。櫛田もあれだけ本性を見せた後だし、クラスで今後もやっていけるのか。

  • 新たな頭脳的戦略があるのかと思ったら、人間味あふれるストーリーでラノベなのか?!と思いました。

  •  改めてこの学校は実力主義なんだと突きつけられたような印象だった。実力のないもの、努力のないものは容赦なく白羽の矢を立てられる恐ろしさと共に、後悔してからでは遅いという教訓も感じられた。
     1年生編10巻のクラス内投票以来、終始息の詰まるような展開で、思考を止めることすら許されないようだった。また自分が同じ選択を迫られたらどのような選択をするのか、何を選び、何を切り捨てるのかを問われているような気がした。
     これから読む人は絶対にネタバレを踏まないことをおすすめしたい。

  • 『満場一致特別試験』、この名前を最初に聞いた時はそこに含まれるだろう難問の存在も予想できたし、巻き起こるだろう陰謀も予想できたように思う。奥深さは薄いけれど、揉めようと思えば何処までも揉められる。だからこそ、そこで綾小路がどのような暗躍をするかも予想できた
    ……と考えて読んでいただけにラストのどんでん返しには驚かされた。いや、本当に驚かされた……。よりにもよってアレを選んでしまうのか……。それを良しとしてしまうのか……


    今回の特別試験はそもそも戦略性の薄いもの。事前準備がほぼ不可能であり、搦め手もルールによって禁止されている。つまり真正面から課題にぶつからなければならない類の試験。というかこれを試験と呼ぶのも何処かおかしな気分になる
    だからこの試験で求められるのは実力でも社会を生き延びる力でもないのだろうね。満場一致を目指す課題に対して自分達のクラスがどのようなスタンスで挑むかを本人達に見極めさせようとしているように感じられた
    それを思うと各クラスの個性が見えてくるね

    まずはBクラス。ここまでは一之瀬を中心に一致団結して物事に挑むことを何よりも重要視していた。時には団結を優先するあまり、Aクラスを目指す戦略としては宜しくない道を選ぶことも有った
    そこに対して異論を唱えた神崎の姿勢は光るものが有ったね。神崎は別に誰かを退学にして100ポイントを得るべきと最も訴えたかったのではなく、時にはそういう道を選ぶことも必要なのではないかと訴えようとしたわけだね
    この時、Bクラスに起こりかけたのは変化の兆し。けれど、結局は神崎の意見を呑み潰して変わらずに理想を目指し続けると表明した
    Bクラスは自分達のスタンスを変えないと選択したわけだね

    龍園が支配するDクラスは意外な動きになったね
    匿名性が保証される限り、どれだけ龍園が暴力をひけらかした所でクラスが従うとは限らない。だから龍園に抗う者を炙り出してそいつを精神的に叩きのめす戦略は間違いではない。
    でも、それでは何も変わらない。そこで後からCクラスに加わった葛城が良いアクセントに成ったね。仲間を切り捨てない道を重視する彼は龍園に抗った時任にこそ、Cクラスにおける貴重性を見出した。また、この葛城の動きを誘発したのが龍園では無くひよりだった点も好印象
    Cクラスはスタンスを守りつつ変化を起こしうる者を内包したまま進むと選択したわけだね

    Aクラスは通常営業
    坂柳は上手く言葉を使って変化の芽も反逆も起こさせなかった。坂柳への絶対の信頼と支配が課題をつまらないものにした
    Aクラスはスタンスを変える選択さえ表沙汰にさせなかった


    それらに対してCクラスは波乱に次ぐ波乱
    それもこれも全ては最初から徹底的に誰かを退学させる道にこだわった者が居たからなんだけど。そんな状況で早い段階で手詰まりに成りつつも、クラス方針として誰かを退学させる道を選ぶのに時間がかかった点は印象深い。入学当初は荒れていたこのクラスも今は仲間を信じながら、堀北の方針を尊重するスタンスになっている
    そういったスタンスだから櫛田の狂奔が毒のように効いてくる。でも、それこそ綾小路にとってつけ入る隙になるというのは素直に面白い展開。その流れで櫛田が退学する展開を期待してしまう。この巻を読み始めた際には遂に櫛田が負けるシーンが描かれるのかと期待してしまった
    だからこそ、綾小路が更生は無理だと、退学させるしか無いと判断した櫛田に掘北があの状況でも救う価値があると見出す展開には痺れてしまった。最近は綾小路を驚かせる成長を見せる機会が増えた堀北だったけど、今回は飛び切りの成長だったね

    ……ただ、櫛田を退学にさせないなら他の誰を?という問題になってしまったのだけど
    既に時間切れが迫る状況。そこで新たな退学者を選定すると成れば誰もが納得できる者でなければならない。でも、それがよりによって愛里なのかよ……
    物語序盤から綾小路に特別な想いを抱いていて、綾小路に学生らしさを体感させるグループの一員でも有る。それを退学させるということは、しかも綾小路がその口火を切るということは様々な想いを崩壊させることを同時に意味してしまうのに……

    Cクラスは綾小路や掘北、そして愛里の判断の上に本格的にAクラスを目指すというスタンスを明確にした。仲間を守ることを最上とするのではなく、邪魔者を切り捨てるというわけではなく、誰もが納得できる理由の上に仲間を切り捨ててポイントを得るという道を選択した
    これは他のクラスには無かったものだね

    ただ、これによって綾小路グループはこれまでと同じものにならないだろうし、それを主導できた綾小路を見る目も変わってしまうのだろうな。それはAクラスを目指す点には影響なくても、綾小路の学生生活をどう変えてしまうのだろう……?

  • とても面白かったです。

  • 結構エグい結末…

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

11月生まれのAB型。PCゲームの企画・シナリオを主に担当する。代表作は『暁の護衛』『レミニセンス』。

「2016年 『ようこそ実力至上主義の教室へ4.5』 で使われていた紹介文から引用しています。」

衣笠彰梧の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×