16歳で帰らなくなった弟

  • KADOKAWA
3.88
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046809223

作品紹介・あらすじ

ほんの2分ほどのお昼のニュースで流れたのは、弟の死を伝えるものでした。

職人気質でお酒を飲むと財布のヒモがゆるくなる父、
肝が据わっていてよその子でも平気でしかり飛ばす母、
思春期をこじらせて素直になれない姉、
そして自由奔放でヤンチャだけど誰からも好かれた弟。

どこにでもあるような家族の風景が、
警察からの一本の電話によって一瞬にしてもろく崩れ去ることに…。
肉親を突然失ったある家族が、
再び歩き出せるようになるまでをつづった
描きおろしオリジナルコミックエッセイです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 親の苦しみと自分の苦しみを味わうってまさにそう。
    兄弟が一番しんどいって言いたいわけじゃなくて、そういう種類の悲しみもあるよっていうこと

    うちの母親が弟を事故で亡くした時にも、母の亡くなっていた祖母が霊体で出てきたそう。
    私は知ってた、止めようと思ったけど止められなかったって言ってたみたい。

  • あまりにつらい体験だと思う。
    「行ってらっしゃい、気をつけて」この言葉の大切さが身に染みます。
    心して生きて行きたい。

  • この年になると亡くなった沢山の人を思い出す。不義理をしている人たちのお参りに行かねば、その家族と話をしなければ。そして、身近な人にはなにがあっても、その日出かける時には、いってらっしゃいを言わなければ、そう思わせてくれる。

  • 私の弟も急に亡くなった。 作者はすごいと思う。 当時のことを克明に思い出すのはPTSDを発症してもおかしくない。 過去を何度も思い出すのは、再体験になる。 よくぞ書いたと思う。 弟への愛、恩返しなのかな。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

イラストレーター。小学1年生の時にプレゼントされた漫画『うわさの姫子』に衝撃を受け、漫画やイラストを描くように。現在は3人の子育てをしながら、新米保育士としても奮闘中。著作に交通事故で亡くなった弟のことを綴った『16歳で帰らなくなった弟』がある。

「2022年 『私がシングルファザーになった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

きむらかずよの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×