武士はなぜ歌を詠むか 鎌倉将軍から戦国大名まで (角川叢書)

著者 : 小川剛生
制作 : 小川 剛生 
  • 角川学芸出版 (2008年7月11日発売)
4.17
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 33人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047021402

作品紹介

戦乱の続いた中世、武家は熱心に和歌を詠み続けた。宮廷文化への憧憬ばかりではない。一門や家臣との結束をはかり、また合戦を前に神仏と交流し、あるいは他国との交渉にと、自らの支配を確かにするために和歌の道は不可欠であった。地方に下った歌道師範の地位の高さは想像を絶するものがあった。武家政権の発祥地である関東を中心に、鎌倉将軍宗尊親王、室町将軍足利尊氏、江戸城を築いた名将太田道潅、そして今川・武田・北条の戦国大名三強を取り上げて、武家社会における文学伝統の足跡をたどる。

武士はなぜ歌を詠むか 鎌倉将軍から戦国大名まで (角川叢書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 文学史を視野にいれ、ミクロな事実を積み重ねる研究は本当に価値がある。つまらなさそうに見える中世武家歌壇がこんなに面白いものだとは。

  • [ 内容 ]
    戦乱の続いた中世、武家は熱心に和歌を詠み続けた。
    宮廷文化への憧憬ばかりではない。
    一門や家臣との結束をはかり、また合戦を前に神仏と交流し、あるいは他国との交渉にと、自らの支配を確かにするために和歌の道は不可欠であった。
    地方に下った歌道師範の地位の高さは想像を絶するものがあった。
    武家政権の発祥地である関東を中心に、鎌倉将軍宗尊親王、室町将軍足利尊氏、江戸城を築いた名将太田道潅、そして今川・武田・北条の戦国大名三強を取り上げて、武家社会における文学伝統の足跡をたどる。

    [ 目次 ]
    序章 源氏将軍と和歌
    第1章 歌人将軍の統治の夢―宗尊親王と鎌倉歌壇(多幸の親王将軍;鎌倉歌壇の最盛期;失脚と余生;宗尊親王和歌の特質)
    第2章 乱世の和歌と信仰―足利尊氏と南北朝動乱(尊氏青年期の和歌的環境;神仏への祈願と和歌;鎌倉将軍と京都歌壇;戦陣における和歌)
    第3章 武蔵野の城館と歌人―太田道潅と国人領主(鎌倉府の落日;五十子陣の攻防;江戸城に集う武将と歌人;道潅の和歌事績を求めて)
    第4章 流浪の歌道師範―冷泉為和の見た戦国大名(室町後期の冷泉家;歌道門弟の育成;「田舎わたらい」の日々;戦国大名の和歌の実力)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

武士はなぜ歌を詠むか 鎌倉将軍から戦国大名まで (角川叢書)のその他の作品

小川剛生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

武士はなぜ歌を詠むか 鎌倉将軍から戦国大名まで (角川叢書)はこんな本です

ツイートする