今はじめる人のための短歌入門 (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047030053

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • p.57 短歌は一行詩ではなく、五つの句をもった分節詩である。
    p.76 短歌におけるデッサンとは、名詞の選択である。
    p.82 一般的な表現から抜け出そうとすること→個別化への指向
    p.141 個人的状況を説明しすぎない。感情を理解してもらうことを第一に。
    p.148 特殊な題材、場面こそ初心者にふさわしい。
    p.149 三十一文字にまとめただけでは歌とはいえない
    p.150 常套句を徹底的に避ける


    以下引用。

    或る意味で、歌いはじめと歌い終わりは――初句と結句は、無限の距離にあるべきです。はじめから結句のわかっている歌など、だれが詠む〔ママ〕でしょう。初句にはじまって、第二句、第三句と進んでいくうちに、予想外の言葉があらわれてくる。そのたのしみにこそ、短歌のすべてがあります。短歌は、たった三十一文字ですが、三十一文字の一行詩ではなくて、五つの句をもった分節的な詩であります。文節をもつところに、ひそかに、この短詩型の生理が息づいている、と思うべきなのです。(p.57)

    絵画とくらべながらいわれる場合の「デッサン」とは、まず、名詞の選択ということなのです。いわば、線描におけるたしかな線が、この名詞にあたるのかも知れません。(p.76)

    詩や歌は、《一般的な表現》をきらうのであります。《一般的な表現》から抜け出そうとするのであります。この努力の方向を《個別化への指向》と呼んでみましょう。(p.82)

     自分以外の人によって理解され、場合によっては賞賛をうけることは、たのしいことですし、それを目標にして作歌するのは、わるいことではありません。
     ただ、その時に、〈歌のなかにこめられている感情を理解してもらう〉ことを、第一に考えることです。〈歌をとりかこんでいる個人的な状況説明を理解してもらう〉ことは、必要がないということです。(p.141)

     常識的で、ありきたりの心のうごきは、初心の人にとっては、歌にしにくい題材だとかんがえておいて、まず、まちがいがありません。
     特殊な、ある意味で人に伝えにくいような体験。自分だけの味わっている感情。人生に二度も三度もありえないような体験。それをまず第一に、歌にしようとして下さい。(p.148)

     だから、従来、あなたの先生や指導者たちが、自分の身のまわりを見まわして、ありふれた日常的な事実から、短歌を作るようにすすめて来られたとすれば、(中略)それは、はじめからおそろしくむつかしい要求をして来られたのです。(後略)
     それよりは、今までの人生の上で、あるいは最近の体験のなかで、いま苦しいほどに特殊な状況をえらんで、くりかえし、その時の感情をおもいおこしつつ、歌ってみるのがいいのです。(p148-149)

     その人は、その挽歌や戦争体験をうたうときにこそ、歌人だったわけです。それ以外のときは、作らなくてもよかったのです。三十一文字にまとめあげるぐらいは、だれでもできますから、一見すると歌のようにみえたのですが、それは形だけのもので、歌に魂が入っていなかったのです。(p.149-150)

  • 作歌の分かりやすい羅針盤。これからも折に触れ読み返し、少しでも前に進めればと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1928年1月5日、名古屋市生まれ。45年、17歳で短歌をはじめ、翌46年、「アララギ」入会、51年、現在発行人を務める歌誌「未来」創刊に参画。慶應大学医学部卒業後、内科医師として、国立豊橋病院内科医長などを歴任。83年『禁忌と好色』で迢空賞、90年『親和力』で齋藤茂吉短歌文学賞、95年『岡井隆コレクション』(評論集成)全8巻で現代短歌大賞、99年『ウランと白鳥』で詩歌文学館賞、05年『馴鹿時代今か来向かふ』で読売文学賞、07年『岡井隆全歌集』全4巻を始めとする全業績で藤村記念歴程賞、09年『ネフスキイ』で小野市詩歌文学賞、10年『注解する者』(詩集)で高見順賞、11年『X(イクス)―述懐スル私』で短歌新聞社賞受賞。その他、著作は歌集・評論集含め多数。93年から宮中歌会始選者。07年から宮内庁御用掛。

「2018年 『注解するもの、翻訳するもの』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今はじめる人のための短歌入門 (角川選書)のその他の作品

岡井隆の作品

今はじめる人のための短歌入門 (角川選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする