シュタイナー教育入門 現代日本の教育への提言 (角川選書 148)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047031487

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 平易な文章で、目からウロコが落ちる箇所、心に染みいる箇所が多々あった。どのような経緯で現在の知的偏重の教育になっていったかが良く分かった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京・代々木生まれ。ミュンヘンでドイツ・ロマン派美学を学ぶなか、ルドルフ・シュタイナーの思想と出会う。73年まで慶應義塾大学で美学と西洋美術史を担当。その後シュタイナーとその思想である人智学の研究、翻訳を行う。著書に『神秘学講義』『シュタイナー哲学入門』、訳書にシュタイナー『神智学』『神秘学概論』など。

「2017年 『なぜ私たちは生きているのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋巖の作品

ツイートする