シュタイナー教育を語る―気質と年齢に応じた教育 (角川選書)

著者 : 高橋巌
  • 角川書店 (1990年10月発売)
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047032033

シュタイナー教育を語る―気質と年齢に応じた教育 (角川選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シュタイナー教育についての解説書というよりは、著者自身がシュタイナーの教育思想を消化したうえで、子どもたちの教育について自由に語った本といえるように思います。子どもたちの個性を把握し、それぞれの気質を伸ばしていけるような教育実践のたいせつさが語られています。

    著者は本書のほかにも、『シュタイナー教育入門』や『シュタイナー教育の方法』(ともに角川選書)など、シュタイナー教育をテーマにした著書をいくつか刊行しているので、シュタイナー教育そのものについての解説はそちらでなされているのかもしれません。

  • なるほどこういう教育もあるか。おとなになったときのためと言って、小さい頃から勉強させたりってのはあんまり良くないんだなと。7歳まではむしろ習い事などさせず、体験的というか、ファンタジーの世界で遊ばせ、豊かな心の育成を考えるほうが良いみたい。当然、わが子を世の中に適合させようとしてガミガミしかるのもダメ。
    普通に大学を出て会社に入って、というルートの安定感が今は怪しげなので、今まで通りの教育ではなく、シュタイナー教育のような心の豊かさを持った、道無き道を進む(本では「意識魂」と読んでいる)ような柔らかい人間の育成が大事だなと思う。
    『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』を訳した高橋巖氏なので、購入。正解でした。

  • アストラル体や意識魂など専門用語は出てきますが、日常に即した内容。

全4件中 1 - 4件を表示

高橋巌の作品

シュタイナー教育を語る―気質と年齢に応じた教育 (角川選書)はこんな本です

ツイートする