地球観光旅行―博物学の世紀 (角川選書)

著者 :
  • 角川書店
3.43
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047032460

作品紹介・あらすじ

キャプテン・クックの世界周航、ビーグル号航海…。地球の上を実際に歩き、生きている生物を自分の目でみて確かめる。そこから、擬態や植物地理学、さらには進化論までもが啓示された。博物学は万人にひらかれた『たのしむ学問』なのである。顕学・荒俣宏が案内する博物学入門の決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (間借りです)
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    「博物学の世紀」荒俣宏著、NHK市民大学、1988.10.01
    p155 ¥350 (1988.12.30読了)(1988.10.28購入)
    NHK市民大学のテキスト、1988年10月~12月期
    *本の紹介より*
    博物学が、いま、久しい忘却期間をこえて、ふたたび人びとの脚光を浴びつつあります。「自然の叡智」を探求する学問として十八、九世紀に黄金時代を迎えた博物学は、その後、事物の圧倒的数量を前にして、まったく無力化するようになっていきました。それがなぜ、現代によみがえりつつあるのか。博物学とは何だったのか。―ものおよびものの系譜にこだわった時代と代表的人物にスポットをあて、目玉の学問=博物学の魅力を語ります。

    【目次】
    第1回 博物学の復活―目玉の冒険・量の叡智
    第2回 珍奇陳列館と博物館―コレクションする情熱
    第3回 探検航海十八世紀―太平洋のキャプテン・クックとラ・ペルーズ
    第4回 世界周航十九世紀―アストロラーブ号とビーグル号
    第5回 探検博物学者の活躍―科学と観光
    第6回 自然物の体系化―リンネとビュフォン
    第7回 十九世紀の巨人キュヴィエ―分類学の完成
    第8回 分類学から進化論へ―ダーウィン
    第9回 江戸の博物趣味―徳川幕府の殖産興業
    第10回 高木春山『本草図説』―知られざる江戸の博物百科
    第11日 博物画の驚異―写実と写真
    第12回 博物学の栄光と挫折―目玉の今日的意義

  • 博物学でも…

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1947年、東京都生まれ。作家、翻訳家、博物学者、幻想文学研究家として、多彩な執筆活動を行う。シリーズで350万部を超える代表作『帝都物語』(角川書店)で日本SF大賞受賞。『世界大博物図鑑』全7巻(平凡社)ではサントリー学芸賞を受賞。おもな監修・著書に『モノのはじまりえほん』(日本図書センター)、『日本まんが』全3巻(東海大学出版部)、『すごい人のすごい話』(イースト・プレス)、『サイエンス異人伝』(講談社)、『江戸の幽明』(朝日新聞出版)など多数。

「2018年 『しらべる・くらべる・おぼえるチカラが身につく! うんこ図鑑』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒俣宏の作品

ツイートする