闇の歴史、後南朝 後醍醐流の抵抗と終焉 (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.58
  • (2)
  • (7)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047032842

作品紹介・あらすじ

戦国の世へと傾斜する室町時代の歴史の中で、旧南朝勢力は、最後の光芒を放つ。かつて約60年にわたって北朝と対峙し続けた南朝勢力が、両朝合体と同時に消滅するはずはなかった。旧南朝の皇胤たちは、室町幕府の抱える諸矛盾と結びつくかたちで、さまざまな「抵抗」を示す。その最たるものは、内裏を襲撃して三種の神器の一つである神璽を持ち去った「禁闕の変」であった。しかし彼らはやがて抹殺される。史料によってその動静が確認できるのは、合体後約90年間である。近・現代史にも影を落とすその歴史に光を当てる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 確かに生きてる人間がいるわけだから、南北朝の統一したからといって、南朝側の人間が「はい、そうですね」っていっていなくなる訳が無い。

    今まで陽に当たらなかった歴史、というか陽を当てようとしなかった歴史をわかりやすく解説したところが新鮮。

    教科書レベルではなく、こういうニッチな歴史からこそ人間のにおいがする。

  • 副題-後醍醐流の抵抗と終焉-。南北朝合体後の南朝後胤たちの生き方。権力に同化した家・最後まで抵抗した家・反乱者に利用された家など必死に時代を生きた後胤たちを少ない資料を吟味しながら追いかけます。

  • 南北朝合体後の南朝の系統、皇族を合体直後から詳細に記されているので、南朝はどうなったのか?と気になる方にはお薦めです。両統迭立が踏みにじられる中での南朝の皇族の動向は詳しいですが個人的には神璽を南朝方が取り返した禁闕の変から幕府方に奪い返される長禄の変までの吉野の奥に展開した後南朝の勢力の事が知りたかったが、その辺はあまり詳細に触れていなかったので★ひとつ減らさせていただきました。奥吉野での後南朝については絶版かも知れませんが歴史読本2007年7月号の検証後南朝秘録が秀逸です。とにかく一度は後南朝の里に行きたくなる気持ちにさせる書です。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1949年生まれ。九州大学文学部卒業、同大学大学院文学研究科博士課程修了。福岡大学人文学部教授。専攻は中世日本の政治と文化。著書に『闇の歴史、後南朝‐後醍醐流の抵抗と終焉』(角川選書)、『南朝全史‐大覚寺統から後南朝まで』(講談社)など多数。

「2017年 『室町幕府崩壊』 で使われていた紹介文から引用しています。」

闇の歴史、後南朝 後醍醐流の抵抗と終焉 (角川選書)のその他の作品

森茂暁の作品

ツイートする