定本 現代俳句 (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.86
  • (3)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (581ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047032927

作品紹介・あらすじ

近現代俳句のすぐれた鑑賞書であり、俳句の奥深さと可能性をあますところなく伝える不朽の名著。昭和時代を中心に、正岡子規にはじまる現代俳句の流れを展望し、俳句という詩型による近現代の俳人の決意を読みとる。また、季題や切れ字などの表現について独自の考えを述べ、俳句の本質や俳句固有の方法にふれて、読者自身に考えるいとぐちと鑑賞の手がかりを与える。主要俳人の名句鑑賞をとおして日本的感性の研究を試みた、究極の俳句入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 名著。時代別に進んでいるのが良い。
    鑑賞の何たるかを教えてくれたほんだし、今後もそうであろう。

  • 季語の働きがよい

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1907年~1988年。長崎生まれ。本名、石橋貞吉。父は評論家・小説家の石橋忍月。慶應義塾大学国文科卒。改造社に入社、「俳句研究」の編集に携わる。文芸評論家として古典から現代文学に至るまで幅広い評論活動で知られる。『芭蕉』で新潮社文学賞および日本芸術院賞、『古典と現代文学』で読売文学賞、『いのちとかたち』で野間文芸賞を受賞。1969年、日本芸術院会員。1983年、文化勲章受章。『俳句鑑賞歳時記』、『俳句とは何か』(共に角川ソフィア文庫)、『基本季語五〇〇選』(講談社学術文庫)など著書・編著多数。

定本 現代俳句 (角川選書)のその他の作品

山本健吉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする