女性芸能の源流 傀儡子・曲舞・白拍子 (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047033269

作品紹介・あらすじ

天の岩戸での天鈿女命の踊りに代表されるように、我が国の伝統芸能の根源は神楽より始まる。以後、芸能は中世まで宗教性を不可分にもっていた。仏教が支配階級の男性を中心とする一方で、庶民の願を叶える存在として、女性芸能者のはたした役割は大きかった。社会の底辺に生きつつも、人々に救いと娯楽を与え続けた女性芸能者たちを通じて、新たなる中世像を提示する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主に鎌倉〜室町の女性芸能に関する記述をまとめて考察した本。

  • 白拍子、曲舞などを体系的に解説。
    一つ一つを時代ごとに取り上げており、読み易い。

  • 中世の女性芸能者たちについて書かれた本。彼女たちは芸人であると同時に、宗教性もおびた存在だった。出雲の阿国については最後の方に記述がある。彼女を生む土壌となった時代の雰囲気をつかむのにこの本は良い。

全3件中 1 - 3件を表示

脇田晴子の作品

ツイートする