日本文化の模倣と創造 オリジナリティとは何か (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.57
  • (1)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047033412

作品紹介・あらすじ

著作権をはじめとして、現代の私たちは「独創(オリジナル)にこそ価値があり、模倣(コピー)は許されない」という価値観に縛られている。しかし伝統文化を振り返れば、個性豊かな表現は先達の芸や作品を模倣することから生まれてきた。西洋美術、浮世絵、写真、連歌、インターネット、マンガ・アニメなどを題材に、近代的な価値観にすぎない「独創」神話の矛盾を解き明かし、模倣を楽しむ「再創文化」の意義を問い直す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み始めてしばらく、いわゆる専門家が書いた本より議論がゆるくて牽強付会だなぁと感じていたけれど、読み終えてこの本自体が実は著者が提案する「再創」のいい例になっている(意図してかどうか分からないが)ことに気づいた。

    国家間のパワーゲームによって著作権が国境を越える話と、サザエさんが世界でポピュラーではないという話は特に興味深かった。

  • 再創主義(レクリエーション)。共有・模倣・共栄。コピーされることの意味、オリジナルの価値。読みごたえありました。

  • </span>&rdquo;</div><div class="quantityDisplay black textSquash" style="display:none;padding-bottom:3px;"><nobr><span class="strong black">欲しい数量&nbsp;

  • [ 内容 ]
    著作権をはじめとして、現代の私たちは「独創(オリジナル)にこそ価値があり、模倣(コピー)は許されない」という価値観に縛られている。
    しかし伝統文化を振り返れば、個性豊かな表現は先達の芸や作品を模倣することから生まれてきた。
    西洋美術、浮世絵、写真、連歌、インターネット、マンガ・アニメなどを題材に、近代的な価値観にすぎない「独創」神話の矛盾を解き明かし、模倣を楽しむ「再創文化」の意義を問い直す。

    [ 目次 ]
    第1部 模倣と創造―オリジナリティとは何か(似ているとはどういうことか;ものまねの美術;写真の神話)
    第2部 著作権は何を守っているのか― 著作権制度の光と影(著作権の狂想曲;コピーと国のかたち)
    第3部 日本文化と再創主義のすすめ(つながりの歌;デジタル社会のジャポニスム;クリエーションからレクリエーションへ)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 著者の山田奬治さんは(今現在は分かりませんが)弓を引かれる方です
    「禅という名の日本丸」も書かれています
    いまだ、この方の本にハズレなし

    曾我物語と見立て
    京の楊弓場
    伝書
    の三項目で弓が扱われています

    曾我物語は、曾我兄弟が蟇目矢で仇討ちします

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

2017年1月現在国際日本文化研究センター研究部教授(テレビ・コマーシャル研究)

「2017年 『マンガ・アニメで論文・レポートを書く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田奨治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
J・モーティマー...
スタンレー ミル...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする