レオナルド・ダ・ヴィンチという神話 (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.71
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047033597

作品紹介・あらすじ

画家、建築家、彫刻家、舞台美術家、音楽家などの顔をもち、後世、神格化されて「万能の天才」の名をほしいままにしてきたレオナルド。自らは画家を称したこのルネサンスの巨人は、しかし、いっさいフレスコ画を描かず、一方で、完成された作品の数に比して膨大な素描・スケッチの類を遺した。さまざまな業績・画業に通底する表現技術としての素描、それを駆使して生きた、「イメージ・クリエーター」としての人間レオナルドを描き出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • レオナルド・ダ・ヴィンチを紹介する本。2003年。天才と称されるレオナルド・ダ・ヴィンチの生い立ち、各世代における作品を細かく解説している。一言で天才といわれる人物だが、彼の作品群は多くの努力の上に成り立っている。師から技法を習得し自分の方法を確立していく。一般的な視点では、絵画から工作まで多くの芸術作品を世に残し、やはり、天才のひとりと映る。謎になっている点もまだ多くあり、今後の研究による解明を期待する。

  • この人も苦労人なんだ、、

全3件中 1 - 3件を表示

片桐頼継の作品

ツイートする