海からの世界史 (角川選書)

  • 23人登録
  • 3.44評価
    • (1)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 宮崎正勝
  • 角川学芸出版 (2005年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047033832

作品紹介

海を制するものは世界を制する。時代とともに範囲を広げた「七つの海」では、航路と交易のネットワークを支配した海洋国家が覇を唱え、世界史を塗り替えてきた。古くはローマ帝国、イスラーム帝国、モンゴル帝国、さらに15世紀の大航海時代を経てオランダ、大英帝国、アメリカ合衆国へ。長く続いた帆船の時代から、19世紀後半の蒸気船により高速化した近代まで、シー・パワーの視点から描くはじめての世界通史。

海からの世界史 (角川選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大航海時代は、どこにどのような季節風が吹くか、という情報の蓄積の結果である。
    大英帝国を支えたのは植民地まで点々と続く、石炭の補給基地。
    現在のグローバル化の礎を築いたのは、コンテナの発明による、荷役の効率化に伴う輸送費の価格破壊。

    海の文化は人の交流と摩擦の歴史ですね。

全1件中 1 - 1件を表示

海からの世界史 (角川選書)のその他の作品

宮崎正勝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

海からの世界史 (角川選書)はこんな本です

ツイートする