新版 日露国境交渉史 北方領土返還への道 (角川選書)

著者 :
  • 角川学芸出版
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047033863

作品紹介・あらすじ

江戸時代から始まり、紆余曲折をへて未だ解決をみない日本とロシアのあいだの国境問題。1992年に刊行され、2001年に補充された、日露両外務省共同作成による「領土問題の歴史に関する資料集」を軸に、北方領土問題についてのすべてを明らかにし、提言する名著の改訂・完全新版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    江戸時代から始まり、紆余曲折をへて未だ解決をみない日本とロシアのあいだの国境問題。
    1992年に刊行され、2001年に補充された、日露両外務省共同作成による「領土問題の歴史に関する資料集」を軸に、北方領土問題についてのすべてを明らかにし、提言する名著の改訂・完全新版。

    [ 目次 ]
    序章 領土紛争
    第1章 国境概念への目覚め
    第2章 北からの黒船―国境の画定
    第3章 武力による国境変更
    第4章 国交正常化へ
    第5章 高齢指導者の時代
    第6章 ゴルバチョフ時代
    第7章 エリツィン時代
    第8章 プーチン時代
    終章 ゴルディアスの結び目の解き方

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

●木村汎(きむら・ひろし)1936年生まれ。京都大学法学部卒。米コロンビア大学Ph.D.取得。北海道大学スラブ研究センター教授、国際日本文化研究センター教授を経て、現在、北海道大学および国際日本文化研究センター名誉教授、拓殖大学客員教授。専攻はソ連/ロシア研究。主な著書として、『ソ連とロシア人』(蒼洋社)、『ソ連式交渉術』(講談社)、『総決算 ゴルバチョフ外交』(弘文堂)、『ボリス・エリツィン』(丸善ライブラリー)、『プーチン主義とは何か』(角川oneテーマ21)、『遠い隣国』(世界思想社)、『新版 日露国境交渉史』(角川選書)、『プーチンのエネルギー戦略』(北星堂)、『現代ロシア国家論――プーチン型外交』(中央公論叢書)『メドベージェフvsプーチン――ロシアの近代化は可能か』(藤原書店)など編著書多数。

「2015年 『プーチン 人間的考察』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新版 日露国境交渉史 北方領土返還への道 (角川選書)のその他の作品

木村汎の作品

新版 日露国境交渉史 北方領土返還への道 (角川選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする