ギリシア神話入門 プロメテウスとオイディプスの謎を解く (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047033931

作品紹介・あらすじ

朝は四本足、昼は二本足、晩には三本足で歩くものは?-それは人間だ。女怪スピンクスが出した謎に、英雄オイディプスはこう答えた。だがこの有名な問答は、ギリシア語の原典には見当たらない。スピンクスはどのような謎かけをし、オイディプスはどう答えたのか。さまざまな神話の原典を読み解き、ギリシア神話に描かれた人間の本質に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本が特に面白いと思える点は、通俗のギリシャ神話が実は解釈しだいでいくらでもその物語の意味付けを変容させるということだろう。
    紀元前のアテネ市民の歴史背景が神話にいかなる影を落とし、今日まで繋がる「物語」の変遷を辿ったかを綴る、極めて興のそそられる本。

    特にオイディプス神話に込めたソフォクレスの精神のくだりは、往年の傑作マンガ「デビルマン」の元型を髣髴させ、矛盾と倒錯に満ちたそた混沌の中で人足らんとするその精神性が、いかなる困難と抒情に満ちたものであるかを描写する。

    欠点は重複描写があまりに多いことではないかな、と。

  • ギリシア神話の中でも特に有名なプロメテウスと、オイディプスの悲劇を、時代順にテキストが書かれた社会の状況とともに詳説しています。
    「入門」となっていますが、神話のあらすじに終始せず、多義的な語彙の解説などテキストの読みに踏み込んだ記述もあって、読み応えがあります。
    古典ギリシア語やギリシア神話の解釈について知識のある人にも新しい発見があるのではないでしょうか。(わたしは不勉強にして、著者の解釈の妥当性・新しさはよくわからなかったのですが、たぶんきっとすごいに違いないと思います。)
    ただ・・・「入門」としているので仕方がないのかとは思いますが、語彙の解説をするとき、ギリシア語をカタカナで書くのは意味がないと思います。カタカナだけ示されても辞書は引けないので・・・。

  • 1600

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1960年大阪府生まれ。京都大学大学院教育学研究科修了。博士(教育学)。大阪府立大学人間社会学研究科・教育福祉学類教授。日本ホリスティック教育協会代表、トロント大学大学院OISE客員教授、NPO法人京田辺シュタイナー学校代表理事等を歴任。著書に『ホリスティック教育論―日本の動向と思想の地平』『ブーバー対話論とホリスティック教育―他者・呼びかけ・応答』『世界のホリスティック教育―もうひとつの持続可能な未来へ』ほか。

「2015年 『講座スピリチュアル学 第5巻 スピリチュアリティと教育』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ギリシア神話入門 プロメテウスとオイディプスの謎を解く (角川選書)のその他の作品

吉田敦彦の作品

ギリシア神話入門 プロメテウスとオイディプスの謎を解く (角川選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする