天皇たちの孤独 玉座から見た王朝時代 (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.50
  • (3)
  • (4)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047034044

作品紹介・あらすじ

『枕草子』に描き出された華麗な王朝世界。その中心にあるべき天皇が、実際にはないがしろにされていた。摂政・関白の専横、それに追従する廷臣たち。孤立する天皇たちの深い嘆きを聞く者はいたのか。当時の廷臣たちの日記によって、華麗なイメージとは裏腹な王朝時代の真実を明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 非主流派名門の不遇感の発露である「小右記」の記述を無批判に使用し、日記内では正論を吐いても事実においては権力者にひよることも(処世上当然)あったことに言及もしないし、大鏡や栄花物語などの「物語」を古記録と同等に扱っており、現代の歴史書としては、いかがなものか(一般向け読物だから尚更!)。
    兼家・道長というド主流(つまり実資の憤懣の主対象)の名に、地の文で枕詞のごとく「奸臣」をつけるのも、マトモな歴史家の態度とは思えない。そもそも平安時代の天皇制は、絶対君主制ではない。帝は独裁者ではない。まるっきり天皇の意を汲まないからといって大臣が一方的に悪いことにはならないだろう。
    また、東三条院についての記述で、「詮子のような皇后になれなかった妃が、いきなり皇太后になるなどというのは、王朝時代において、全く先例のないことであった。」(p.87)などとしているが、むしろ王朝時代は、皇后でなかった妃が、子が天皇となったことによって皇太后となった例が多くみられるのが事実である(文徳母から醍醐母の間など軒並み、つまり詮子以前に多く先例がある)。事実をねじまげてまで兼家流を悪と決めつける姿勢に鼻白まざるをえない。

  • 平安時代中期の円融、花山、一条天皇たちの孤独と苦悩。アクの強い外戚たちに翻弄される彼らの姿をわかりやすく描き出す。政治も詰まる所、相性や好き嫌いか。

  • 誰かと思えば、「殴り合う貴族たち」の著者ではないか。
    こういった再会は、とても嬉しい。

    「摂関政治」なる用語は、どなたも学生時代に聞き覚えがあるだろう。実権を貴族たちに握られたその時代、天皇や皇太子・上皇・妃などといった皇族がいかに軽く扱われていたか、という話である。
    本書では章ごとに1人の人物にスポットを当て、かれをめぐる当時の、本人にとってはおおむね愉快でなかっただろうエピソードを取り上げていく。わかりやすく、読みやすく、他章で主役になった人物たちとの関係も自然と頭に入ってくる。
    藤原道長に執拗に「奸臣」と枕詞をつけるなどやや叙述が主観的なのと(そこは読者に判断させてこそだろう)、相変わらず全巻を網羅する大系図が1枚なりと欲しかったのだけが玉に瑕。

    2012/1/13〜1/14読了

  • [ 内容 ]
    『枕草子』に描き出された華麗な王朝世界。
    その中心にあるべき天皇が、実際にはないがしろにされていた。
    摂政・関白の専横、それに追従する廷臣たち。
    孤立する天皇たちの深い嘆きを聞く者はいたのか。
    当時の廷臣たちの日記によって、華麗なイメージとは裏腹な王朝時代の真実を明らかにする。

    [ 目次 ]
    序章 ひとりぼっちの天皇たち
    第1章 一条天皇の憂鬱
    第2章 円融法皇の嫌悪
    第3章 東三条院藤原詮子の偏愛
    第4章 花山法皇の不満
    第5章 上東門院藤原彰子の困惑
    第6章 三条天皇の警戒
    終章 裏切られる天皇たち

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 〈所在:図書館(067200710994)〉

  • いつの時代も、トップとは孤独なものです。
    自民党の麻生太郎さんも言ってたけど、
    孤独に耐えることのできるもしくは楽しめる人でないとトップになんてなれません。
    その組織の規模に関係なく。
    そうゆう意味で、安部さんは弱かったと感じた。
    そうゆう意味で、小泉さんは強かったんじゃないかな?

  • 2007/09入手。
    この本もタネ本はこの著者のご専門である「小右記」。反主流派貴族であった藤原実資の目から見た「権力者(藤原摂関家)に弄ばれる歴代天皇とその一族」と言ったところ。
    けどこの両者、実は「祖父と孫」「叔父と甥」だったりするわけで。
    古代の大王(おおきみ)家から連綿と続く近親結婚が極まるのがこの時期。(何しろ「兄弟がそれぞれ母の妹達と結婚」ですから。そりゃ子孫も絶えるわ)
    でもここまでではないにしても、これに近い状態はつい50年前まで千年間続いてたわけですからね。

  • かなり笑える歴史の本です。とは言っても、内容は真面目で、きちんとした研究をもとに書かれているのですが。その辺のワイドショーよりも面白いです。王朝貴族とは言え、人間臭くて、色々な感情が絡み合っていて。1000年近く前の人々のそう言う部分を垣間見れるところが歴史を知る面白さのひとつだと思います。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1997年東北大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得退学。2003年神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科博士後期課程修了、博士(歴史民俗資料学)。神奈川大学日本常民文化研究所特別研究員、同大学外国語学部非常勤講師。著書に『陰陽師』(中央公論社)、『平安貴族と陰陽師』『呪いの都 平安京』(以上、吉川弘文館)、『殴り合う貴族たち』『王朝貴族の悪だくみ』(以上、柏書房)、『天皇たちの孤独』(角川書店)などがある。

「2008年 『王朝貴族のおまじない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天皇たちの孤独 玉座から見た王朝時代 (角川選書)のその他の作品

繁田信一の作品

ツイートする