天皇たちの和歌 (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047034211

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 万葉集・古今和歌集・新古今和歌集・・・それぞれの時代の和歌が天皇にとってどういうものであったか。
    和歌の持つ意味を知ることができます。

  • [ 内容 ]
    歴代の天皇は、和歌によって、政治を行い、人民と交流し、自らの心を吐露してきた。
    和歌は日本国家の誕生時から天皇とともにあり、天皇が歌を詠み続けることは皇位継承の上からも、自然の恵みを得るためにも、必要なことであった。
    一方で、天皇個人にとって歌は自然な心情の発露ともなった。
    古代から現代までの天皇の歌、天皇たち自身のことばから、国家、天皇制、自然とのかかわりなどを読み解く試み。

    [ 目次 ]
    第1章 天皇と国家(国家の起源と歌;即位の歌;国土の歌;神仏の歌;戦争の歌)
    第2章 天皇と制度(狩猟の歌;行幸の歌;年中行事の歌;勅撰集と歌)
    第3章 天皇と自然(花の歌;四季の歌;天地の歌)
    第4章 民を愛する天皇(民を思う歌;天皇を祝う歌;天皇に訴える歌)
    第5章 恋する天皇(恋の歌;結婚の歌)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 天皇の歌は祈りであり、日本は言霊の国であるというのがよくわかり、今上天皇の歌に「願い」「願う」が頻出するわけが分かった気がします。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

谷 知子:大阪大学国文学科卒業。東京大学大学院博士課程単位取得。博士(文学・ 東京大学)。フェリス女学院大学教授。専攻は中世和歌。「和歌文学の基礎知識」「ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 百人一首(全)」「カラー版百人一首」(以上、角川学芸出版)「愛と生を紡ぐうた 百人一首 いまこそ詠みたい雅のことば」(PHP研究所)「楽しく覚える!まんが百人一首」(ナツメ社)など著書多数。

「2018年 『切り絵でつくる百人一首』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天皇たちの和歌 (角川選書)のその他の作品

谷知子の作品

ツイートする