日本文化論の名著入門 (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047034228

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【目次】
    はじめに 007

    I 外からの日本発見 009
     ピエール・ロチ『秋の日本』 
     ラフカディオ・ハーン『知られざる日本の面影』『こころ』 

    II 世界に向けて日本を発信する 041
     新渡戸稲造『武士道』
     岡倉天心『東洋の理想』『茶の本』

    III 民俗文化の古層を求めて 079
     柳田国男『遠野物語』『山の人生』
     折口信夫『古代研究』

    IV 日本文化哲学の創造 111
     西田幾太郎『善の研究』
     和辻哲郎『風土』
     九鬼周造『「いき」の構造』

    V さまざまな美意識 161
     柳宗悦『雑器の美』
     谷崎潤一郎『陰翳礼讃』

    VI 伝統日本への反逆と革新 205
     坂口安吾『日本文化私観』
     岡本太郎『縄文土器――民族の生命力』

    VII 近代西欧社会モデルか伝統日本文化か 235
     ベネディクト『菊と刀』
     丸山真男『日本の思想』
     土居健郎『「甘え」の構造』

    あとがき(二〇〇八年一月 大久保喬樹) [281-282]
    引用文出典および関連書一覧 [283-285]

  • 本書は、日本文化の様々な名著の内容をかいつまんで紹介しています。本書だけでも日本文化について多くを知ることが出来るし、気になった本があれば個別に読んでみるのもいいと思います。
    (電気電子工学科 B3)

  • 一般常識として概要は何となくは知っているが、実際にちゃんと読んだことない本の内容が整理されているという感じ。が、いくつか未知のモノもあり、自分の無学を思い知らされる。特に美術家と思っていた岡倉天心が日本文化の思想家でもあったという事にはちょっと驚き。あとは和辻哲郎の「風土」は読んでみたいと思った。

全3件中 1 - 3件を表示

日本文化論の名著入門 (角川選書)のその他の作品

大久保喬樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

日本文化論の名著入門 (角川選書)はこんな本です

ツイートする