空海の企て 密教儀礼と国のかたち (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.57
  • (2)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047034372

作品紹介・あらすじ

平安時代の8世紀、護持僧として天皇の身体を守り、さらには国家鎮護の加持祈祷へと密教儀礼を国家規模に推し進めた空海。密教の即身成仏の思想を国家との「入我我入」というかたちで密教と国家を結びつけ、宮内大内裏に密教道場の真言院を設立して天皇と国家の鎮護を祈祷した。国の中枢に注入したこれらの密教コードによって、空海がいかにして宮内祭祀と国家統治のシステムをつくりあげたか。壮大なスケールで構想されたその企てを描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 空海を特集したNHKのDVDを借りた。24歳の時に書いた「三教指帰」の実物を書家が検証するという。儒教、道教、仏教の優劣を論じ、我が国で初めて書かれた比較思想論だという。素晴らしい字だった。
    以下、山折氏の著書を読んでのメモ書き。
    日本人・・・古代的な霊肉二元論と中世に優勢となる心身一元論があざなえる縄のようにわれわれの死生観を彩ってきた。
    坂口安吾の小説「道鏡」・・・孝謙女帝における愛欲と魂の分離というテーマ。
    密教コードと神道コードの二元体制・・・空海こそ、このような国のかたちを構想した最初の人間。平安時代の国政を支えてきた根幹。

全1件中 1 - 1件を表示

空海の企て 密教儀礼と国のかたち (角川選書)のその他の作品

山折哲雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

空海の企て 密教儀礼と国のかたち (角川選書)はこんな本です

ツイートする