江戸の外交戦略 (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047034464

作品紹介・あらすじ

「鎖国」は、決して外国との関係を閉ざすものではなく、東アジアや西洋諸国と安定的な関係を築いた、静かで着実な「国際化」であった。本書では「鎖国」を日本における国民国家形成過程の「外交体制」と規定し、当時のグローバリゼーションに対応しつつ、国内の「平和」「文明化」「国際化」を進め、均質的な日本型社会を形成したと説く。「鎖国」のシステムがもたらした江戸の社会の実態を明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「鎖国といえども逆にいえば4つ口長崎・対馬・薩摩・松前」

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東京学芸大学教授・副学長。時代考証学会会長。NHK大河ドラマ「新撰組!」「篤姫」「龍馬伝」「八重の桜」「西郷どん」などの時代考証を担当。

「2018年 『幕末・維新ビジュアル大百科』 で使われていた紹介文から引用しています。」

江戸の外交戦略 (角川選書)のその他の作品

大石学の作品

ツイートする