梁塵秘抄の世界 中世を映す歌謡 (角川選書)

  • 15人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 植木朝子
  • KADOKAWA/角川学芸出版 (2009年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047034594

作品紹介

平安末期に大流行した歌謡、今様とはなにか。熱狂的に今様を愛好した帝王・後白河院の編んだ『梁塵秘抄』の世界は、当時の新たな世相を反映して、極楽往生をとげた極悪人に関心を寄せ、地獄を訪う地蔵を頼む信仰心、都のファッションや新奇なものを追う好奇心、動物や昆虫までも愉快な仲間とみなす童心にあふれていた。現実を明るく謳歌する自由でゆたかな歌謡の世界から、中世の躍動する精神が見えてくる。

梁塵秘抄の世界 中世を映す歌謡 (角川選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今まで「梁塵秘抄」というと熊野詣を思い出していた。しかし、もちろん、それ以外にも和歌のような格式張った世界以外の今様の豊かな世界があることが改めてわかった。印象に残った今様、「われを頼めて来ぬ男 角三つ生ひたる鬼になれ さて人に疎まれよ 霜 雪 霰降る 水田の鳥となれ さて足冷たかれ 池の浮草となりねかし と揺りかう揺り揺られ歩け」

  • 今まで「梁塵秘抄」というと熊野詣を思い出していた。しかし、もちろん、それ以外にも和歌のような格式張った世界以外の今様の豊かな世界があることが改めてわかった。印象に残った今様、「われを頼めて来ぬ男 角三つ生ひたる鬼になれ さて人に疎まれよ 霜 雪 霰降る 水田の鳥となれ さて足冷たかれ 池の浮草となりねかし と揺りかう揺り揺られ歩け」

全2件中 1 - 2件を表示

梁塵秘抄の世界 中世を映す歌謡 (角川選書)のその他の作品

1-B00NBPB190の詳細を見る Kindle版 1-B00NBPB190 植木朝子

植木朝子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする