遣唐使の光芒 東アジアの歴史の使者 (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047034686

作品紹介・あらすじ

「咲く花の薫ふがごとく」と歌われ天平文化が花開いた奈良の都。630年〜894年の約260年間に20回ほど行われた遣唐使事業は、平城京遷都や律令制度の形成、唐文化の移入に大きな役割を果たした。鑑真の来日や最澄・空海の入唐などの人的交流のほか、対等外交か朝貢関係か、賓礼や国書のあり方、対外認識と政策、もたらされた大量の文物など、遣唐使をめぐる諸問題をつぶさに検証し、その実像と文化受容の壮大な時代史を描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『栗里先生雑著』「石上宅嗣補伝」が引く「大沢清臣本壬生家文書」について言及がある。
    宅嗣の学識によって、日本は危機を乗り越えた。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1958年岡山県に生まれる。1988年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。現在、東洋大学教授・博士(文学)〔東京大学〕 ※2013年2月現在【主な編著書】『古代郡司制度の研究』『長屋王家木簡の基礎的研究』(ともに吉川弘文館、2000年)、『地方木簡と郡家の機構』(同成社、2009年)、『歴史文化ライブラリー 古代豪族と武士の誕生』(吉川弘文館、2012年)

「2016年 『天智天皇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

遣唐使の光芒 東アジアの歴史の使者 (角川選書)のその他の作品

森公章の作品

ツイートする