故郷はなぜ兵士を殺したか (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.67
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047034723

作品紹介・あらすじ

明治から第二次世界大戦までの日本の戦争を、国家主体の戦争論ではなく、"郷土"がどのようなかたちで戦争にかかわってきたのかという新たな視点で考察。市井の人々は戦死者に対しどんな感情を抱き、"郷土"とのかかわりのなかでどう「聖戦」に組み込まれていったか。戦争を生きのびた者は、"郷土"というつながりのなかで、どう過去の戦死者たちと向き合ったか。各地に残された慰霊碑、記念誌などを軸に検証する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書は卒論では扱いきれず持て余した慰問文や行政文書、手紙等を史料に郷土を通して戦争を考察しています。

    民衆社会・郷土が担っていた仕組みを理解すると、詩『戦死やあわれ』で竹内浩三が詠んだ「ふるさとの風」の意味がようやく理解出来て、これはもう泣くしかない。

    竹内の詩にある、「絶大なる愛情のひびきを聞」かせてこなかった郷土とは、そして今に至るも聞かせられなかったの何故か?

    あの戦争が民衆にとって何だったのかを物語る断片が見えて大変勉強になりました。

全2件中 1 - 2件を表示

故郷はなぜ兵士を殺したか (角川選書)のその他の作品

一ノ瀬俊也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする