タネも仕掛けもございません 昭和の奇術師たち (角川選書)

著者 : 藤山新太郎
  • KADOKAWA/角川学芸出版 (2010年9月18日発売)
4.00
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047034761

作品紹介・あらすじ

昭和のテレビ全盛の時代、一世を風靡した、引田天功、アダチ龍光、伊藤一葉らにスポットを当てた奇術師列伝。奇術師の人生を全うすることは困難の連続であった。彼らはそれをどう生き抜いたのか?磨き抜かれた業への執念の原動力とは何だったのか?昭和の時代にタイムスリップして奇術師の人生をたどるなかで、かがやきに満ちた懐かしいあの時代の巧みな魔術の世界を楽しみたい。

タネも仕掛けもございません 昭和の奇術師たち (角川選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館。
    昭和を生きた奇術師4人の半生をつづった1冊。
    奇術に疎かったけれど、楽しく読めました。

    奇術も芸能なんだなぁ、としみじみ。

  • 職業上の要請だろうか、考えてみればマジシャンほど私生活や来歴が明らかにならない職業も珍しい。イリュージョンの引田天功、トークマジックの名人アダチ龍光。スライハンドで世界を制した島田晴夫といった昭和の奇術師の知られざる人生。二代目引田天功、マギー司郎、Mr.マリックといった人たちのルーツがここにある。マジックに興味がある人はもちろん、お笑いや寄席芸術に興味があるなら、絶対に読んでソンはない。

全2件中 1 - 2件を表示

藤山新太郎の作品

タネも仕掛けもございません 昭和の奇術師たち (角川選書)はこんな本です

ツイートする