太宰治の作り方 (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047034860

作品紹介・あらすじ

意表をつく決め台詞、軽妙な情景描写、愛らしい女性告白体…。太宰文学は、磨きあげられた技法をもって含羞と傷を描き、私小説とも評される。しかし生きにくさに悩みぬいた作家が繰り返し描きだしたのは、人間ゆえの懊悩の深さを探りだす、巧みな、そして命をかけた小説的造型の、"生きるのが下手な私"だった-。生誕百年を超えてなお愛されつづけるその人と作品の核心に、数々の評伝を生みだした津軽生まれの著者が迫る。

著者プロフィール

1952年生まれ。青森県出身。出版社勤務を経て作家へ。97年21世紀国際ノンフィクション優秀賞、99年、『空と山のあいだ』で開高健賞を受賞。著書多数。

「2021年 『1976に東京で』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田澤拓也の作品

ツイートする
×