花びらは散る 花は散らない 無常の日本思想 (角川選書)

  • 49人登録
  • 4.25評価
    • (4)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 竹内整一
  • KADOKAWA/角川学芸出版 (2011年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047034884

花びらは散る 花は散らない 無常の日本思想 (角川選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3.11以後、どうにも心の収まりが悪くてメゲていた。いくつか本を読んだけれど、落ち込んだ気分の持って行き場がなかった。

    生老病死の苦界の中で「なぜ」と問う,とまどう私に少しだけ立ち居地を分からせてくれた。

    まだまだ読み込まなければと、思う。
    「おのずから」と「みずから」を学ぶことで、光明が見えて来るような気持ちになった。

  • 『おのずからとみずから』の前に、肩ならしに読んでみた。最終講義を中心にまとめられたそうで、具体的に噛み砕いて書かれているので、非常にわかりやすい。日本的、日本人的であろうとする時に、その拠り所となるべきは何か、その方向を示している。

  • 大学の教材でした。
    日本思想についてというと読みづらそうですが、
    タイトルの意味と「おのづから」「みずから」の章を読むだけでも人との出会いや今ここに在る自分について考えさせられます。
    哲学の講義で使用しましたが、ほかの分野にも繋がるような面白さがあります。

  • 請求記号:121.0タ
    資料番号:011403664
    「いのち」のイは息、チは勢力。すなわち「息の勢い」。

全4件中 1 - 4件を表示

花びらは散る 花は散らない 無常の日本思想 (角川選書)のその他の作品

竹内整一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
レーモン クノー
有効な右矢印 無効な右矢印

花びらは散る 花は散らない 無常の日本思想 (角川選書)はこんな本です

花びらは散る 花は散らない 無常の日本思想 (角川選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする