古墳とはなにか 認知考古学からみる古代 (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047034938

作品紹介・あらすじ

なぜ前方後円墳のような巨大古墳が生まれ、そして衰退したのか。竪穴式石室から横穴式石室へという大転換はどうして起きたのか。長をまつる巨大な墳丘を「見上げる」行為や、埴輪や副葬品、石室の位置関係やつくられ方を、ヒトはどう感じ考えるかという心の動きの分析から解明。「神格化の舞台」から単なる「墓」へ。3世紀から7世紀の日本列島に10万基以上も築かれた古墳とは何であったかを問う、認知考古学からの古墳時代論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 古墳に様々な個性があったことを初めて知りました。変遷も興味深かったです。単純に大王筋の墓かと思っていたら、そうじゃなかったんだぁ…。ただ古代日本があまりにも穏やか過ぎる印象が気になりました。大陸の影響→単なる国内のブームとか。読み込みが浅かったらごめんなさい。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

松木 武彦(まつぎ たけひこ)
1961年生。大阪大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学、大阪大学)。現在は国立歴史民俗博物館教授。専門は考古学。主著に『進化考古学の大冒険』(新潮社、2009年)、『古墳とはなにか:認知考古学からみる古代』(角川学芸出版、2011年)など。

「2017年 『文化進化の考古学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古墳とはなにか 認知考古学からみる古代 (角川選書)のその他の作品

松木武彦の作品

ツイートする