新島八重 愛と闘いの生涯 (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047035058

作品紹介・あらすじ

同志社の創設者、新島襄の妻・八重。幕末の会津藩に生まれ、戊辰戦争の銃撃戦に男装で参加、「会津のジャンヌダルク」と呼ばれる。襄亡き後は、日清・日露戦争で篤志看護婦を務め、「日本のナイチンゲール」と称賛された。ほとんど知られることのなかった八重の生涯を、著者発見の新史料をふくむ、豊富な資料をもとにエピソードで描き出す新島八重伝の決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東2法経図・開架 289.1A/N72y//K

  • 大河ドラマを途中から本腰を入れて観るようになり、新島八重がどんな人だったかに興味を持って読んでみた。

    戊辰戦争、看護は大河でも放送されたが、、短歌、茶道にも名を残したのだと初めて知った。

    新島襄と兄、覚馬と同じ年に亡くすなんて。
    これからの大河も、目が離せません。

  • 八重さんゆかりの同志社女子大学の教授の著書。
    多方面から八重さんの事を知ることができ
    おもしろかったです!
    意外にも 今の大河ドラマ以前に 八重さんが登場する
    TV番組が多く放送されていたらしく 興味深かったです。

  • 新島八重の研究はあまりされてないのか…大河はどうやって資料を集めたんだろう。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1953年、長崎県生まれ。國學院大學大学院修了。博士(文学)。現在、同志社女子大学表象文化学部日本語日本文学科教授。専門は平安時代の物語文学・和歌文学。「異本百人一首」の発見をはじめ、かるたや浮世絵などの関連資料を多数発掘・紹介している。

「2018年 『古典歳時記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新島八重 愛と闘いの生涯 (角川選書)のその他の作品

吉海直人の作品

ツイートする