日本の食はどう変わってきたか 神の食事から魚肉ソーセージまで (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047035232

作品紹介・あらすじ

食の原型、神に捧げる神饌料理、料理技術に革命をもたらした精進料理、肉食を促進した明治の戦争・軍隊食、戦後の魚肉ソーセージ出現の理由など、時代ごとの食文化の転換点と歴史のかかわりを解明。発見の食文化史。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 11月
    請求記号:383.8/Ha 図書ID:10053410

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784047035232

  • 資料ID:W0172694
    請求記号:383.81||H 32
    配架場所:本館2F手動式書架

  • 神の食事から魚肉ソーセージまで、日本の食はどう変わってきたか。気候から米食を主食とし、できるだけ加工・調理を避けるのが基本。神に供えた食事の「おさがり」をいただいていた古代から、宗教(例:仏教の推進に伴う肉食禁止令→魚中心に)や文化(例:茶の湯の流行→懐石料理の開花)、政治(例:脱亜入欧→肉食再開宣言※ここで登場したのが魚肉ソーセージ)の変化に伴って、外国からの影響を強く受けながら、柔軟にその姿を変えて今に至る。特に、江戸時代は参勤交代によって人/モノ/情報が江戸に集まり、総合的な「会席料理(反語は即席料理=アラカルト)」と単品的な「鮨/天ぷら/すき焼き、など」に分かれて進化を極めた。いつの時代も、発展をしたのは平和のおかげであり、衰退をしたのは戦争のせいであった。

  • 帯文:"7つの「食」の転換点から歴史を読み解く!" "精進料理、ソバ・ウドン、魚肉ソーセージなどで解き明かす日本の歴史。"

    目次:はじめに 食と歴史、第1章 神々の食事、第2章 精進料理の成立と懐石料理、第3章 ソバとウドンの展開、第4章 ブドウとブドウ酒の登場、第5章 文明開化と肉食・洋食、第6章 戦間期の食文化、第7章 魚肉ソーセージの出現、参考文献・典拠文献一覧、各章初出一覧、あとがき

  • 勉強になりました。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

一九四九年・栃木県生。明治大学大学院博士課程中退。博士(史学)。現在国士舘大学21世紀アジア学部教授。著書『中世村落の景観と生活』(思文閣出版、一九九九)、『歴史のなかの米と肉』(平凡社、一九九三)、『食をうたう』(岩波書店、二〇〇八)他。

「2016年 『日本人はなぜ、五七五七七の歌を愛してきたのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本の食はどう変わってきたか 神の食事から魚肉ソーセージまで (角川選書)のその他の作品

原田信男の作品

ツイートする