江戸の発禁本 欲望と抑圧の近世 (角川選書)

  • 26人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 井上泰至
  • KADOKAWA/角川学芸出版 (2013年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047035294

作品紹介

出版文化が発達した江戸期には、「発禁本」が多数生み出された。ご公儀による出版統制はどのように行われたのか。好色本や戦国歴史物語、仮想戦記など、処分対象となった書物の悲喜劇に満ちた成立事情に迫る!

江戸の発禁本 欲望と抑圧の近世 (角川選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東2法経図・開架 023.8A/I57e//K

  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB13100370

  • 江戸時代の「発禁本」を通して文化・政治について考察した本。

    一回通読しただけなので、あまり頭に入ってきませんでしたが概要は理解しました。

    思っていたよりも多くの本や文書が流通しており、いろいろなところで言われているように江戸時代は相当識字率が高かったんだなあと思います。

    また、時間があるときに再読してみたい本でした。

    (以上、ブログ全文です。)

    ブログはこちら。
    http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4579978.html

  • 「発禁本」という響きは『エロ』をどうしても想像してしまうが、どちらかというと徳川家や家臣に関する書物、仮想軍記といったものが対象になったらしい。残された史料から、そういった書物の作者の心情を読み取り、発禁にした理由を分析することで、違った観点で江戸幕府の視点を捉えることができるように思う。表紙の春画とはちょっとイメージが違うかもしれない。

全5件中 1 - 5件を表示

江戸の発禁本 欲望と抑圧の近世 (角川選書)のその他の作品

井上泰至の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーブン・ピ...
トマ・ピケティ
三浦 しをん
佐々木 圭一
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

江戸の発禁本 欲望と抑圧の近世 (角川選書)はこんな本です

ツイートする