万葉集と日本人 読み継がれる千二百年の歴史 (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047035393

作品紹介・あらすじ

日本最古の歌集『万葉集』は、8世紀末から今日まで、愛されつづけてきた稀有な歌集だ。しかし、漢字だけで書かれた万葉歌は、時代によって異なることばに読み下され、時代ごとの考え方や感じ方を強く反映した解釈がなされてきた。紀貫之、紫式部、藤原定家、仙覚、賀茂真淵、佐佐木信綱らが読んだそれぞれの時代の『万葉集』は、どのようなものだったのか。その読み方に現れる日本人のこころの歴史をたどり、万葉集の魅力に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『古典不要論への反撃!?書評劇場』から。

全1件中 1 - 1件を表示

万葉集と日本人 読み継がれる千二百年の歴史 (角川選書)のその他の作品

小川靖彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
瀧本 哲史
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする