仏教学者 中村元 求道のことばと思想 (角川選書)

  • 28人登録
  • 4.25評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 植木雅俊
  • KADOKAWA/角川学芸出版 (2014年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047035430

仏教学者 中村元 求道のことばと思想 (角川選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 書評

    『仏教学者 中村元 求道のことばと思想』

    植木雅俊著

    角川選書 定価1,800円+税

    “本物の思想家”の学究の歩み 鮮やかに描き出す


     卓越した専門性を持ちながらも万学に通じた「本物の思想家」は、百年に一人か二人、存在する。中村元もそうした「本物の思想家」の一人である。古代インド哲学の研究から出発し、東西の叡智に遍く精通した。著書・論文の数は一四八〇点余りを数える。私塾「東方学院」を開き、学びを世に拓いたその業績は前人未踏である。本書は晩年の中村に師事した最後の弟子によって著された浩瀚な評伝だ。中村の思想の核心と慈愛に満ちた生涯を明らかにする。“世界の中村”の肉声を伝える本書を読むと、権威化した「奴隷の学問」を何ら恥じることのない日本の学者などどれも霞んで見えてしまう。中村は、間違いなく二〇世紀を代表する世界の碩学なのだと。

     中村は常に「分からないことが学問的なのではなく、だれにでも分かりやすいことが学問的なのです」と語り、平易な言葉で人間ブッダの実像を浮き彫りにした。しかしそのことが「厳かさがない」と強烈な反感を買ったというから驚くほかない。ブッダは、その教えをバラモンの使う権威的言語であるサンスクリット語で伝えてはどうかと提案を受けたとき、「その必要はない」と退けた。仏教東伝の歴史は、伝言ゲームの如き権威化、歪曲の歴史といってよいが、中村への批判は、さながら仏教の歴史を見ているようだ。中村が丁寧に腑分けするブッダの肉声に寄り添えば、その本義は「真の自己」に目覚めることだ。難解がありがたいのではない。学問とは理解され人間を活かすことに要がある。中村の学問的苦闘が学説を一新していく挑戦そのものが、仏教の本義と交差する。晩年、中村は、東西の思想を比較吟味して普遍的思想史の構築に専念する。その目的は「世界平和を実現する手がかりを提供すること」だという。

     「ただ今から講義を始めます」--。真摯な探求は、死を目前にした昏睡状態の中でも続く。稀代の碩学逝きて十余年。著者は梵漢和を対照した『法華経』『維摩経』の画期的訳業で知られる。中村の魂は著者に間違いなく継承されている。僥倖を覚えるのは書評子のみでないだろう。

    (東洋哲学研究所委嘱研究員・氏家法雄)

        --拙文「書評 『仏教学者 中村元 求道のことばと思想』植木雅俊著」、『第三文明』第三文明社、2014年11月、96頁。

全1件中 1 - 1件を表示

仏教学者 中村元 求道のことばと思想 (角川選書)のその他の作品

植木雅俊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
國分 功一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

仏教学者 中村元 求道のことばと思想 (角川選書)はこんな本です

ツイートする