国際交易の古代列島 (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047035676

作品紹介・あらすじ

国家誕生以前の古代において、越境的な交易関係は、文化の異なる地域や集団間でどのようにして結ばれ、いかに社会変容をもたらしてきたか。王権や国家間の外交史として語られがちな国際交易を、首長層ネットワークと威信財となったモノの動き、「海商の誕生」、東アジア海域での連鎖的で広域的な社会関係、唐物が偏重された背景などから探り、弥生時代からはじまる多様でグローバルな交易の実態を通史的に明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 平成28年度 古代歴史文化賞大賞

  • 東2法経図・開架 210.3A/Ta84k//K

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1967年生まれ。関東学院大学経済学部教授。専門は古代日本の国際交流史。
著書に『国際交易と古代日本』(吉川弘文館、2012年)などがある。

「2017年 『日本古代交流史入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

国際交易の古代列島 (角川選書)のその他の作品

田中史生の作品

ツイートする