井伊直虎の真実 (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047036215

作品紹介・あらすじ

井伊直虎は、戦国時代に遠江国井伊谷領を領国とした国衆・井伊家最後の当主だが、実像は殆ど知られていない。通説では井伊直盛の娘・次郎法師とされてきた。直虎の文字を記す史料はわずか8点。そのうち6点は井伊谷領で実施した「井伊谷徳政」と呼ばれる徳政に関するものである。解読が難しい「井伊谷徳政」の実態を明らかにし、戦国時代の徳政とはいかなるものであったのか、直虎とはどのような存在であったのかに迫る。


目 次

第一章 井伊直虎の登場

第二章 匂坂直興の書状を読む

第三章 関口氏経の書状を読む

第四章 瀬戸方久宛の文書を読む

第五章 井伊谷徳政の全貌

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少ないながらも徳政に関する当時の一次史料を網羅的に読み込んでいて、これだけでもだいぶ井伊家と領内での出来事や雰囲気がわかり、期待していたより面白かった。通説や一般的なイメージとはだいぶ違う視点を得られて、読んでよかった。

  • 井伊直虎は男性だったという江戸時代の史料。そして、戦国時代当時の史料に基づいた井伊谷徳政について。井伊氏の流れについて、直平-〇-直盛=直親ではない?

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1965年東京生まれ。早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修卒業。博士(日本史学)。専門は日本中世史。駿河台大学教授。著書『戦国遺文房総編』『戦国遺文武田氏編』『北条早雲とその一族』・『百姓から見た戦国大名』ほか。

「2018年 『戦国遺文 真田氏編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井伊直虎の真実 (角川選書)のその他の作品

黒田基樹の作品

井伊直虎の真実 (角川選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする